受付中

ランニング

リディアード理論に基づくマラソン練習法を学ぶ会プチ食事会付

秋のマラソンに向けてリディアード理論に基づくマラソン練習法を全6回(6/29・8/24・9/14・10/12・11/9・11/30)、それぞれ期分けで解説、その後は飲食物(軽食)各自持込みのプチ食事会を行います。金曜19:30-21:30の時間帯で開催します。

開催日

開催日

2018/6/29(金) 11/30(金)
申込者/定員

申込者/定員

10/12人
チケット

チケット

  • 支払方法
    会場払い
  • 6回パックチケット :
    9,000
その他

その他

  • イベント種別
    講習会・セミナー、交流会・打ち上げ
    イベント規模
    ~29人
    レベル
    初心者向け、初心者OK、中級者向け、上級者向け
  • 計測
    -
    その他の特徴
    -

イベント詳細

秋のマラソンにはまだまだ日がある。
そんな風に気長に構えていませんか?
実はマラソン練習は7月1日からスタートしても早過ぎることはないのです。
例えば大阪マラソン(11月25日)まで7月1日から数えてもう22週間しか無く、レースに向けてやるべき練習内容は段階を経てたくさんあるんです。

その段階を分かりやすく体系化したのがリディアード理論です。
リディアード理論は古いんじゃないの?
いえいえ。
実はリディアードのトレーニング法は生理学的理論に基づいた合理的なトレーニング理論で、リディアード理論を下敷きにトレーニング法を構築しているコーチや選手は全世界に未だたくさん、いわばマラソントレーニングのスタンダードな存在なのです。
リディアードコーチング承認クリニックを数度にわたり受講し、コーチングの承認も得ているランバディの伊藤がリディアード理論を各期けごとに分かりやすくレクチャーいたします。
レクチャー後は軽い食事をしながらトレーニング談義を時間いっぱいまで行いませんか?
参加人数によっては伊藤コーチの手作りスイーツも登場するかも。

日程 全6回
6月29日(金)有酸素期について
8月24日(金)ヒルトレーニング期について
9月14日(金)無酸素期について
10月12日(金)コーデネーション期について
11月9日(金)調整期について
11月30日(金)レース期のトレーニング計画

募集人員:毎回12名 毎回12名に達したら締め切ります。
19時30分スタートの21時30分終了です。
1回の参加料金2000円 ランスポット利用料と座学受講料を含みます。
全6回一括支払い料金9000円(1回につき500円お得!)
各トピックの部分的参加も可としていますが本来、理論は体系化されているので全6回参加していただく方が理解度が深まりますし絶対にお得です。
出来るだけリディアード理論に忠実に講義いたしますので、是非全6回コース参加をお勧めいたします。

注意事項
筆記具はご持参ください。
講義用のテキストは毎回準備いたします。
飲食物は各自で持ち込みしてください。
飲食で出たゴミは各自でお持ち帰り厳守をお願いいたします。
アルコール持ち込みもオーケーです。
6回パック支払い後の欠席への参加費返納は致しかねます。
申込後のキャンセルは連絡のあるもののみ可とさせていただきます。
6回パック申込後の不参加日があった場合は不参加日のテキストをpdfファイルにてメールアドレスにお送りいたします。但し初回に参加しパック料金お支払いされることが条件になります。
単発参加キャンセルの場合はテキストはお送りできませんのでご了承ください。


アーサー・リディアード紹介
ニュージーランド出身、自らを実験台にして独自にトレーニング法を確立、ローマ(1960)、東京(1964)でニュージーランドを中長距離王国へと導いた名コーチ。
リディアードの名声はその後世界中に広まり、自国ニュージーランドをはじめ、オーストラリア、フィンランド、アメリカ…などなど。
日本でもリディアードの影響が、故円谷選手、そして60年台の君原選手、寺沢選手らを育て、のちに故中村清監督をはじめ、高橋尚子らを育てた小出監督、箱根駅伝連覇中の青山学院大学の原監督らにも大きな影響を与えて行くことになるのです
その理論は生理科学的な裏付けにより今日まで世界中のコーチ・ランナーに影響を及ぼすグローバルスタンダードなトレーニング理論となっています。

この理論はその真髄をきちんと学べば、誰にでも実践可能なメソッドです。
私(伊藤)も脳内血腫の影響でランニングを約5か月完全に休止したのち、ゼロからリディアード理論に沿って練習し、今年の東京マラソンで3時間08分台まで走れるに至りました。
正しい順序でトレーニングする方法、トレーニングの本質をこの講座で出来る限りお伝えいたします。


講師紹介
伊藤 嗣朗(いとう しろう)
陸上競技を中学から始め高校大学と中長距離を専門にする。
大学卒業後、高校の長距離コーチを3年経験。
自らは28歳からランニングを再開。30歳から市民ランナーの指導を始める。
36歳時に出したフルマラソン2時間34分22秒はパーソナルベスト。
42歳まで2時間38分台で走り46歳、2006年からランバディ立ち上げ。
分かりやすい指導をモットーに述べ2000人以上のランナーを指導。
その根幹はこのリデアード理論。1990年大阪体育大学でのリディア―ド来日時にもセミナー聴講に参加。
その後独学で理論を勉強し、2016年から行われているリディアードコーチング承認クリニックに3度参加。
リディアード理論のコーチングの承認を経て、現在も会員向けにトレーニングメニュー作成を行う事を柱とし、雑誌連載やビギナー向け練習会など精力的に活動中。
日本体育大学卒。現在57歳。






 
支払い方法
会場払い
申込受付期間
2018/6/12 09:52 〜 2018/11/30 23:59
キャンセル受付期間
キャンセル不可
会場
ランスポット
住所
〒558-0004 大阪府大阪市住吉区長居東4-11-25
受付開始時間
19:20 ~
年齢制限
20歳以上
スポーツ
ランニング (種目:フル)
イベント種別
講習会・セミナー、交流会・打ち上げ
イベント規模
~29人
レベル
初心者向け、初心者OK、中級者向け、上級者向け
当日申込
計測
-
その他の特徴
-
主催者
ランバディ・ランニング・クラブ
主催者連絡先
ランバディ・ランニング・クラブ (担当:伊藤 嗣朗)
runbuddy@dream.zaq.jp
イベントID
E0018467
プライバシーポリシー
詳細はこちら

イベント主催者申込規約

1.自己都合による申込後のキャンセル・権利譲渡・名義変更はできません。また、過剰入金・重複入金の返金はいたしません。定員を超える申し込みがあった場合、入金期限内に参加料の支払いが完了していても入金日によっては申し込みが無効となる場合がございます。その場合、主催者が定める方法により返金されます。
2.地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等による開催縮小・中止、参加料返金の有無・額、通知方法等についてはその都度主催者が判断し、決定します。
3.私は、心疾患・疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをしてイベントに臨みます。傷病、事故、紛失等に対し、自己の責任において参加します。
4.私は、練習会開催中に主催者より練習続行に支障があると判断された場合、主催者の練習中止の指示に直ちに従います。また、その他、主催者の安全管理・運営上の指示に従います。
5.私は、練習会開催中に傷病が発生した場合、応急手当を受けることに異議ありません。その方法、経過等について、主催者の責任を問いません。
6.私は、イベント開催中の事故、紛失、傷病等に関し、主催者の責任を免除し、損害賠償等の請求を行いません。
7.本練習会10回は保険加入で怪我・事故の補償は保険適用範囲内でのみ補償されます。
8.練習会の映像・写真がインターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾します。また、その掲載権・使用権は主催者に属します。
9.申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。
10.上記の申込規約の他、主催者が別途定める練習会規約に則ります(齟齬がある場合は練習会規約が優先します)。

イベント主催者

ランバディ・ランニング・クラブ

こんにちは、ランバディの伊藤嗣朗と申します。ランバディは全国に会員がいるメールサポートのランニングチームです。
私自身も50歳時にサブスリーを達成、次は60歳での達成を目標にしています。
ランニング雑誌連載やランニング本の執筆、メール会員の指導、各地での会員外の方々も含めたフリーな練習会や合宿なども主催しています。
1960年生まれ 日体大卒 自己記録2時間34分22秒

こんにちは、ランバディの伊藤嗣朗と申します。ランバディは全国に会員がいるメールサポートのランニングチームです。
私自身も50歳時にサブスリーを達成、次は60歳での達成を目標にしています。
ランニング雑誌連載やランニング本の執筆、メール会員の指導、各地での会員外の方々も含めたフリーな練習会や合宿なども主催しています。
1960年生まれ 日体大卒 自己記録2時間34分22秒

165

1

違反報告