検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    福岡県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
並び替え
件数:
29
    • マリゾンももち浜海浜公園→サザエさん通り(福岡タワー見える)→2重になってるふれあい橋の下段→折り返し橋の上段→シーホークを眺めながら、マリゾンももち浜海浜公園に戻るインスタ映えスポット多数のコース

    ロード 片道 信号機が少ない 緑が多い 景色がきれい

  • 走ろうにっぽん

    頓田貯水池サイクリングコース(北九州市)

    福岡県(北九州市門司区)

    • 頓田貯水池は遠賀川の水をくみ上げてつくられた貯水池。周辺に緑地が広がるこの池のまわりのサイクリングコースを走る。全体的に起伏が多く、走り応えのあるコース。排水処理場から日吉神社をつなぐ池を横断する道路もあるのでショートカットも可能。池の北側には約200haという、北九州市最大の公園、響灘(ひびきなだ)緑地が整備されている。大芝生広場やバラ園、冒険の森などがある有料公園で、ここでランニング後にリラックスするのもいい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    本城公園ジョギングコース(北九州市)

    福岡県(北九州市門司区)

    • 本城公園は、陸上競技場や球場などがある運動公園。この陸上競技場は過去に地元サッカーチーム、ギラヴァンツ北九州のホームスタジアムだったこともあり、サッカー以外でも様々な公式試合が行われる。園内には足に優しい舗装のジョギングコースが整備されており、散策する人も多い。ほとんど平坦なジョギングコースを体調に合わせて周回する。近所には天然温泉「おとぎの杜」があり、荷物を預けて着替え、走った後に入浴ができるランナー応援企画があるので利用しても。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    関門海峡と門司港観光ランコース(北九州市)

    福岡県(北九州市門司区)

    • 小倉駅から門司港駅まで、JR鹿児島本線と並行するように海岸に沿って走るほぼ平坦なコース。小倉駅市街を抜けるとすぐに景色は開け、倉庫街や工場街と、関門海峡と対岸の下関が見える開放的な景色へと変わる。ゴールの門司港駅のその先は「門司港レトロ」と呼ばれる観光エリアなので、走り終わってから、あるいは距離を追加して走りながらめぐってみてもいい。旧門司税関のレンガ造りの建物など、大正から昭和にかけてのモダンな建物が美しい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    小倉城・勝山公園周回コース(北九州市)

    福岡県(北九州市門司区)

    • 慶長7年(1602年)細川忠興が築城した小倉城は「唐造り」と呼ばれる珍しい造りで、4階より5階の面積が大きく張り出している。現在は当時の城を復元したものだが、石垣は築城当時のままで素朴で力強い印象。この城の一帯を整備した勝山公園は、小倉市のシンボル的な公園。この公園をぐるりと一周する1.9kmの周回コースは、お濠沿い、隣接する松本清張記念館や北九州市立文学館、公園内を通過して紫川沿いを走って戻る平坦なコース。北九州に来たらぜひ走って!

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    ハードな坂道の連続!皿倉山コース(北九州市)

    福岡県(北九州市門司区)

    • 皿倉山(さらくらさん)は、北九州市八幡東区にある標高622.2mの山。麓から頂上の展望台まで、高低差約500m、往復12?の坂道トレーニングにおすすめのコースを走る。九十九折りの道は、標高が上がるにつれ市街の景色が広がる。折り返し地点の展望台では、360度のパノラマが楽しめ、ここからの夜景は新日本三大夜景にも選ばれている。トレイルの練習もできその日の気分によってルートを変えることも可能。ケーブルカーを利用すれば片道だけ走ることもできる。帆柱登山口バス停か高速皿倉山ケーブルバス停が最寄り。

    4

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    明治の土木遺産が残る、河内貯水池コース(北九州市)

    福岡県(北九州市門司区)

    • 河内貯水池は、第一次世界大戦後の鉄鋼需要に対応するため、官営八幡製鐵所への用水を安定供給するために誕生。日本の技術だけを用い8年の歳月を要した大工事で、完成当時は東洋一のダムとして有名だった。通称メガネ橋とも言われる赤い南河内橋は日本で唯一現存する珍しい構造で国の重要文化財に指定されている。そのほか土木学会選奨土木遺産の堰提本体など、明治時代のノスタルジックな雰囲気が残る。山に囲まれたこのダム湖の外周は景色も良く平坦で、信号も少なく走りやすい。

    4

    ロード

    • JR福間駅から宮地嶽神社へ北上し、海岸を回って戻る1周約8kmのコース。3km地点までは激しい起伏があるが、そのほかはほぼ平坦。海岸線の道は、右手の民家の間に海や海の家がのぞき、左手に松林が3kmほど続く。宮地嶽神社は開運商売繁盛のご利益があるとされ、全国の宮地嶽神社の総本宮。大鳥居からまっすぐ伸びる参道が宮地浜へ続いており、年に2回、真正面に夕日が沈む光の道ができることも某CMで有名に。体力があれば大鳥居まで上がってみてもいい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    アイランドシティ&あいたか橋周回コース(福岡市)

    福岡県(福岡市東区)

    • 海の中道の根元に造成された人工島、アイランドシティ。その中にあるアイランドシティ中央公園は、池を中心に木々の多い緑豊かな地域の公園。ここをスタートし、対岸の香椎浜北公園へ橋で渡り、湾沿いの遊歩道を走る。歩行者・自転車専用の海上橋として国内最長クラスの「あいたか橋」を渡れば、再びアイランドシティに戻る。平坦な周回コースは、島と橋に囲まれた海を眺めながら気持ちよく走れる。十分周回したら、起点近くにある入浴施設で汗を流せる。

    ロード

    • 多々良川につくられた長谷ダムは、下流の水をくみ上げて貯水する全国でも珍しいタイプのダム。このダム湖、三日月湖(みかづきのうみ)のまわりを1周するコース。湖の北東側には桜の名所、長谷ダムふれあいロードがある。往路は三日月山を望み、復路は城の越山を借景にした湖を見ながら走る。起伏が続くコースには急峻な坂越えが数回あり走り応えあり!起点の長谷ダム記念公園は、豊かな緑に囲まれ、広々とした芝生広場などもあるので、園内のランニングを足してもいい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    海の中道~志賀島(しかのしま)一周コース(福岡市)

    福岡県(福岡市東区)

    • 博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた砂州状の地形、海の中道から志賀島(しかのしま)を走るコース。スタートは海の中道海浜公園の南側に位置するJR海の中道線、西戸崎駅。住宅街を抜け、地続きの志賀島の海岸沿いを一周して戻る。9km過ぎには700mで高低差約35mを越えるピークがあるが、海や島嶼を見渡せる見事な景勝コースでもある。志賀島は国宝「漢委奴國王の金印」が発見された場所で、海岸沿いの道は金印海道と名付けられていて、信号がないので走りやすい。

    ロード

    • 若杉山は、篠栗町と須恵町との境にあり「篠栗四国八十八ヶ所霊場巡り」の札所の半数を擁する霊峰。篠栗町は、森の力で心身を健康にする森林セラピー基地として認定を受けていて、おすすめロードのひとつ、若杉山の山頂まで、高低差616mを上って折り返す「あじさいコース」を走る。山頂には大杉をご神木とした太祖神社上宮や、奥の院には善人だけが通れると言われるはさみ岩や霊水独鈷水(とっこすい)が湧くので寄ってみても。白装束のお遍路さんとも行き交うはず。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    駕与丁(かよいちょう)公園の遊歩道コース(粕屋町)

    福岡県(糟屋郡粕屋町)

    • 駕与丁(かよいちょう)公園には駕与丁池を囲むように、粕谷総合体育館、かすやドームをはじめ、水鳥観察の小屋、グラウンド、アスレチック公園などがある。池の周りの遊歩道は1周すると4.2195?。10周するとほぼフルマラソン。途中の南北に架かる橋を渡り、東半周は1.978km、西半周は1.878kmのコースもあるので上手に選んだり組み合わせて走ろう。園内のバラ園では、180種、2,400株が栽培されているので、バラの季節には立ち寄ってみたい。

    ロード

    • シーサイドももち海浜公園は、福岡タワーの北側に広がる人工浜にある。福岡ヤフオクドームをはじめ高層ビルなどが立ち並び、街を彩るストリートファニチャーやライトアップなどが楽しめる、福岡市屈指のウォーターフロント。公園の砂浜でビーチバレーやビーチサッカーなどビーチスポーツが盛んに行われる人気のエリアだ。その公園の整備されたフラットな遊歩道を走る。北側には博多湾が広がり、遠く能古島(のこのしま)や志賀島(しかのしま)などが見渡せる気持ち良く走ることができる。

    ロード

    • 芥屋の大戸(けやのおおと)は、日本三大玄武洞のひとつ。巨大な玄武岩が玄界灘の荒波にそそり立っている。ここをスタートして、海岸沿いを東に走る。7km地点までは遮るもののない玄界灘を望み、起伏も少なく気持ち良く走れる。彦山の山腹では高低差約140mの山越えがあるが、木々の間から垣間見える海の眺めに癒されるはず。沖合に夫婦岩が鎮座する桜井二見ヶ浦で折り返す。芥屋の大戸の洞窟は海側からしか見えないので、走った後は遊覧船で観光したい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    ランナーの聖地、大濠公園ジョギングロード(福岡市)

    福岡県(福岡市東区)

    • 大濠公園は福岡市の中心地にあり、福岡城の外堀の名残といわれている大きな池と、その周辺が整備されてできた公園。池のほとりに2?所ある児童公園は親子連れで賑わう地元の憩いの場。池の周りには足に優しいゴムチップ舗装のジョギングロードが整備され、平坦で走りやすく距離表示もあるので、地元ランナーに人気のコース。濠公園駅から600mのところにある「荒戸湯」は、スポーツ応援銭湯と銘うち、ランニングステーション的な利用の仕方ができる。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    曲渕ダムまで遡る!室見川河川敷コース(福岡市)

    福岡県(福岡市東区)

    • 室見川は、福岡市の野川内渓谷などを流れ、シーサイドももち海浜公園で博多湾に注ぐ、春にはシロウオの遡上で有名な川。福岡市の中心地にありながら野鳥が多い緑豊かなこの川沿いを、室見駅から上流へ向かって走り、曲渕ダムまで上って折り返す。下流部分には緑地が続き、河川敷に整備されているランニングコースも走る。ダムまでは上り基調で、10km過ぎから徐々に上りがきつくなっていく。四方を山に囲まれていて、春の新緑、秋の紅葉と四季折々の景観が楽しめる。

    ロード

    • 春日公園は元米軍基地跡を整備した、芝生と多種多様な樹木が広がる広大な敷地を持つ県営公園。シンボルの噴水があるセンターゾーン、野球場、球技場などスポーツ施設があるスポーツゾーン、芝生広場や遊具のあるレクリエーションゾーンなどがある。これらにまたがるように1周1.6kmのランニングコースが設定されていている。なだらかな勾配で木陰も多く、距離表示もあって走りやすい。そのほか公園の外周は2.4km。組み合わせて走るのもいい。

    ロード

    • 太宰府天満宮は、菅原道真を祀る学問の神様として有名な神社。菅原道真は優れた学者で政治家だったが、陰謀により太宰府の地に流され、その地で非業の死を遂げた。太宰府天満宮は、その墓所跡に建立されたといわれている。京都から道真を追って飛んできたといわれる「飛梅伝説」で有名な、ご神木の梅の木や、華やかで重厚な社殿など、ぜひトレーニングの前後に観光したい。幾通りもあるトレイルや林道を選択しながら標高410mの四王寺山へ。ぐるりと1周で約16㎞。

    ロード

    • 市街地からほど近い標高597mの油山。その麓に広がる「油山市民の森」は、その地形を生かして草スキー場、キャンプ場、つり橋や滝などもあり、豊かな森に囲まれた散策コースが縦横に走り、市民の憩いの場となっている。この園内の遊歩道を利用して、ぐるりとまわる周回コースは起伏があり、四季おりおりの自然を楽しみながら、よいトレーニングができる。市街地から海まで見渡せる展望台や、ツツジが楽しめる花木園などもあるので、ランニング前後に存分に楽しみたい。

    ロード

  1. 1
  2. 2

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP