パーソナルランニングコーチ
個人

パーソナルランニングコーチ

活動エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
スポーツ
ランニング

赤山 雄治 (RED) 1983年生まれ 大阪府八尾市在住
ランニングをはじめて7年、大きな怪我はせず、毎月200〜500km(年間3,500〜5,000km)走ります。
その秘密は、"長く走り続けるためのフォームを手に入れた"から。
その知識や経験をもとに、ケガせずランニングを楽しむためのフォームの習得、そして、ランナーひとりひとりの目標達成のためのサポートをしています。

自己ベスト
ウルトラマラソン 100km 8時間43分 (四万十川ウルトラマラソン)
フルマラソン  3時間11分 (海部川風流マラソン)
ハーフマラソン 1時間24分 (浜寺公園ハーフマラソン)
10k走 38分05秒 (鴨川エコマラソン)
サハラマラソン 42時間39分47秒 (日本人3位)
最長走行距離
 320km(夢グレートジャーニー)
 3,000km(日本縦断・60日間)

  • エリア
    滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
  • スポーツ
    ランニング
  • URL
    http://red53108.com/
  • SNS
    • facebookページ
    • twitter

イベント主催者への過去のレビュー

ごっちゃん

5.00

ウルトラマラソンのフォーム動作改善

前傾姿勢になっておらず、筋肉だけで走っていた事がよく分かりました。前傾姿勢、脱力により楽に走れるフォームになったと実感出来ました。機会があれば、またのご指導宜しくお願いします。

ランサーファー

3.67

改善点がわかるパーソナルトレーニング

フォームの基本というのは、自分でも調べてある程度わかっているつもりでしたが、内容が様々で整理できていない状況でした。 今回自分のなかでの疑問1点目は身体の重心の真下に着地するために具体的にどうしたら良いのかということでした。 これについては『すり足』という言葉でご説明いただき、実際に坂道を利用して『すり足』の状態を作り体験したことで納得できました。同時に自分の思っていた『膝をあげる』という動作の間違えに気がつくことができました。 2点目としては前傾のつくりかたでした。これは走りながら肩の位置や意識する場所を併走しながらご指摘いただいたことで 前傾の意識の仕方がわかりました。 難しかったのは『脚の脱力』です。前傾の意識のコントロールだけで速度を調整し、脚を脱力することは坂道ではできても、平坦な場所では脚を使ってしまいます。これに関しては坂道を利用したトレーニングを繰り返すことで着けようと思います。 総じて、自分の疑問は解決して頂き、身体へのしみこませかたを教えていただいたので、大変満足しております。 ありがとうございます。

あいあい

5.00

弱点がわかる、フォームが変わる。

テンポ良くトレーニングができました。コロナウイルスの影響で、下がっていたモチベーションがアップしたと思います。何より、浴びるようなアドバイスのおかげで、身体にインプットされ、今後の練習に活かせると思いました。忘れないうちに、自分のものにしたいと思います。ご指導ありがとうございました。

イベント募集