検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    兵庫県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
件数:
30

武庫川河川敷の西宮~宝塚の周回コース。1周17.5Kmを4周する。西宮側の走路は土、宝塚は舗装路。

未評価

ロード 周回

志賀直哉の小説でも有名な城崎温泉駅。この温泉から、円山川沿いに下り玄武洞で折り返す。玄武洞は160万年前に起こった火山活動で流れ出したマグマが冷えてできたもの。六角柱状の石が積み重なっている一帯に採石により洞ができた。江戸時代に伝説の動物玄武に似ていることから玄武洞と名付けられ、玄武岩という岩石名の由来となっている。公園にはいくつかの洞があるので、そこを回って戻る。玄武洞公園でピークがあるが、ほかはほぼ平坦なコースだ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

2万5千年前の火山活動で形成された近畿地方では最も新しい火山、神鍋山。噴出物が積もった丘の頂上にはっきりとした噴火口が今も残るこの山を中心に広がる高原を走る。山の西側は傾斜がきつく樹木が生い茂り、傾斜のゆるい東側は神鍋高原スキー場となっている。高原のさわやかな気候の中、足に優しい土の道を走る。山陰海岸ジオパークのジオサイトのひとつにも認定されており、滝や風穴、渓谷などの美しい景観が楽しめる。道の駅には温泉施設もあり汗を流して帰れる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

多々良木ダムは上部にある黒川ダムとの高低差を利用して発電を行うための貯水池。自然石を積み上げたロックフィルダムで、スタート地点のあさご芸術の森美術館からはその壮観な石積みを見上げることができる。まずは湖面の高さまで一気に80mほど上り、アップダウンを繰り返す湖畔沿いを走る。多々良木ダム湖マラソンも開催されているコースだ。約6km地点にあるエコパークは芝生広場やビオトープなどがあり桜の名所としても有名。あさご芸術の森の野外展示もおすすめ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

太田ダム湖は標高約800mの山の頂に造られ、一つの湖に5つのダムが建設されている珍しい構造。明治時代に作られた貯水池、太田池を拡張して上部調整池とし、400m下の長谷ダムが下部調整池となって、その落差を利用して発電が行われている。そのまわりを周回するランニングコース。標高が高いため雄大な山々と水辺の景色を楽しみながら走れる。北に2kmほど行くと、映画「ノルウェイの森」のロケ地となったススキの名所、砥峰高原があるので寄ってみても。

未評価

ロード

播磨中央公園は、新西国霊場二十八番札所の光明寺がある五峯山の裾野に広がる382haという兵庫県最大級の都市公園。水辺ゾーンやスポーツゾーンなど、8つのゾーンからなり、自然散策ゾーンの新設に伴って整備されたウォーキングコースは、全長7.8kmで5つの距離が設定されている。ここに紹介するコースは、サイクルランドから、芝生広場、自然が残る森などを縫うように走る3.2km。幅員も広くゆったり走れて、小刻みなアップダウンが続くコース。

未評価

ロード

武庫川の支流である黒川・青野川に建設された青野ダム。このときできた千丈寺湖は釣りやボート遊びに興じる人でにぎわう人造湖。図のように、この湖の外周をまわるコースは、小さな起伏があるが景色も良く気持ちよく走れる。きれいな三角錐を描く飯盛山を前方に見ながら黒郷橋を渡り、湖の北側を走って戻る。500mごとに距離表示がありウォーキングや自転車を楽しむ人も見受けられる。3km過ぎで隣接する有馬富士公園の芝生広場へ入ることもできる。

未評価

ロード

JR姫路駅を出ると、正面に伸びた道路の先に「姫路城」が見える。奈良の法隆寺とともに日本で初めて世界遺産に登録された史跡建造物だ。シラサギが羽を広げたような白く美しい様子から「白鷺城」とも呼ばれ、大天守は慶長14年に建築されたものが現存している。駅から城までの約900mに数カ所信号があるものの、城の周回路に信号はなく平坦で走りやすい。姫路駅南口にある銭湯「森の湯」ではランニングステーションとしての有料サービスもあるので利用してみては。

未評価

ロード

ダム湖の平荘湖は多様な水鳥が集まりカモやガンなどの越冬地にもなっていて、湖畔には野鳥を観察する小屋も設置されている。この地に広がる平荘湖古墳群は古墳時代後期のもので100基を超える加古川下流最大の古墳群だったがダム湖建設の際、水没したという。現在は、湖面より高い位置にあったものだけが残り、コース上でも見られる。あじさい園もあるので季節を待って走っても。水面と飯盛山の景色も美しく平坦で信号のないコースは緑も多く気持ちよく走れる。

3

ロード

走ろうにっぽん

JR加古川線日岡駅から1km。日岡山公園は各種スポーツ施設が充実した総合運動公園。桜の名所としても有名で、加古川市民の憩いの場となっている。園内にはいくつものランニングコースがとれるが、図は2kmの周回コース。この一帯は日岡山古墳群と呼ばれ、古墳が多数分布している。最も小高い丘にある日岡御陵は景行天皇の后、稲日大郎姫(いなびのおおいらつめ)の墓と言われている。コース東側は木々が生い茂り小刻みな起伏も。木陰の道で気持ちよく走れそう。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

甲山森林公園は、甲山とその山裾に広がる明治百年・兵庫百年を記念して整備された公園。園内には笠形噴水を中心に芝生広場や梅林が、東側には展望台や健康運動広場などがあり、奥にそびえる甲山には自然観察池や散策路がある。全体の9割が樹林で占められ、多くの野鳥が生息する自然豊かな公園だ。図は約1.8kmの周回コース。小刻みな起伏が繰り返され脚に堪えるが、夏でも気持ちのよい緑陰を走れる。公園の5つの入り口を通るのでどの最寄り駅からでもまわれるコース。

未評価

ロード

権現ダムは加古川工業用水の安定供給を目的に建設された人造湖で、自然に囲まれ四季折々の美しい景観が楽しめる。加古川駅をスタートし、加古川右岸自転車道を北上、権現湖を一周して戻る。この湖は渡り鳥の休息地で野鳥観察もできる。7km過ぎから徐々に上り始めるが、湖の周回コースはほぼ平坦。トイレや休憩所もあり、休憩をとりながら走れる。スタート地点にはキャンプ場も併設されているので、家族と遊びがてら訪れ、キャンプ場を基点に走るのもいい。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

兵庫県に河口がある川の中で流路延長、流域面積ともに最大な加古川は、各地の河川敷を利用して走るランナーも多い。ここでは常設の陸連公認フルマラソンコース「加古川みなもロード」の一部を走る。JR加古川駅から河川敷に出て、左岸を上流に遡るように走る。左手に加古川、右手に住宅地や田畑が広がり、なだらかに上って国包公会堂で折り返す。途中、大堰記念公園などの公園があり休憩もできる。JR加古川線がほぼ平行して走っているので途中駅でショートカットも可能。

未評価

ロード

阪急甲陽線の苦楽園口駅からほど近いニテコ池のまわりを走る平坦な周回コース。室町時代、西宮戎神社の大練塀を作るためにここから土を掘りだし、そのあとが池になったと言われている。土を運ぶ人足の「ネッテコイ、ネッテコイ」(練ってこいの意)という掛け声からその名がついたとか。あたりは西宮七園と言われる高級住宅地のひとつで、その景色とも相まって庭園のような景観美が見られる。スタジオジブリの「火垂るの墓」の舞台のモデルになったことでも知られる。

未評価

ロード

スタートは阪急電鉄夙川駅。このあたりは関西屈指のお屋敷町で、谷崎潤一郎が松子夫人と出会った根津家の邸宅があったことでも有名。ここからほど近い、夙川の河川敷に広がる桜の名所、夙川公園のオアシスロードを川沿いに走る。芦屋海浜公園からは海沿いのコースになり、浜風大橋を渡って南芦屋浜に。折り返しの「芦屋市総合公園」は海に囲まれた緑豊かな公園で、園内に気持ちよく走れるコースがあるので組み合わせてもいい。全行程広い歩道で、ほぼ平坦な走りやすいコース。

未評価

ロード

西宮は日本酒の銘醸地「灘五郷」のうち西宮郷と今津郷を擁する地。西宮駅の南には宮水発祥の地があり、かつて灘の酒の蔵元がひしめいていた。現在その数は減っているものの、日本酒販売はもちろん、日本酒の記念館やお酒をテーマにしたレストラン、土産物店が軒を連ねている。酒蔵や酒の博物館などを通り阪神電鉄甲子園駅へ向かう。駅手前では甲子園球場を仰ぎ見ることも。折り返して別の酒蔵をまわるもよし、阪神電鉄の途中駅でショートカットするもよし。

未評価

ロード

瀬戸内海に面した赤穂は、400年以上の歴史のある塩づくりがさかんな塩田地帯だった。その歴史を活かした赤穂海浜公園には、復元された塩田施設があり、四季折々の花が咲き、野鳥観察もできる自然豊かな公園。公園中央部にあるひょうたん型の湖は、潮の干満差を利用した人工の汽水湖でボートやカヌー遊びもできる。このまわりを大回りに走る2.4kmの周回コース「ふれあいロード」は、全体的にフラットで、瀬戸内海の静かな海を間近に気持ちよく走れる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

神戸市東部を流れる住吉川は六甲山麓から短く下る急流で蛍が棲息する清流。この川の両岸に整備された遊歩道を、六甲山に向かって上り、折り返したら海へとひたすら下る。距離表示があり、信号も車の往来もないので走りやすくランナーも多い。阪神電鉄本線の魚崎駅は川の上に駅舎があり、駅からすぐ遊歩道に降りられて便利。御影、魚崎地域は灘の酒の銘醸地である灘五郷のひとつ。南魚崎駅にも菊正宗酒造記念館など酒にゆかりのあるスポットがありアフターランも楽しめる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

三宮地区から西側のハーバーランドに対し、東側に開発された新都心「HAT神戸」。この海沿いに整備されたなぎさ公園を走る。公園内には芝生広場や3on3コート、海沿いにはウッドデッキのプロムナードがありランナーも多い。海岸側は釣りができるエリアになっていて、多くの釣り人で賑わっている。海風を感じながら、ときには釣り人を横目に見ながら走ろう。昼は六甲山、夜は三宮市街の夜景も美しい。起点としているのは天然温泉「なぎさの湯」。電車利用の場合は阪神電車春日野道から徒歩10分。

5

ロード

走ろうにっぽん

神戸は海と山の街。南から北へ向かう道はほぼ上りになる。三宮から山本通り(異人館通り)へ上って行くと北野異人館街。「シュウエケ邸」など洋館が立ち並び異国情緒を醸し出す。標高150mほどの諏訪山公園、ビーナスブリッジまで一気に上る。「愛の鍵モニュメント」のある展望台は港と市街が見渡せる屈指のビューポイント。景色を堪能したら海へ向かって下り、神戸のおしゃれな観光スポット、元町エリアから海沿いのメリケンパーク、ハーバーランドを走って神戸駅でゴール。余力があれば往復しても。

未評価

ロード