ランニング

京都府(京都市左京区)

第33回京都チャリティ・ファンラン 受付終了

大会、イベント 500人~ レベル問わず
参加賞有り
3.79

「いつも健康のために走っているあなた!1日だけ人のために走ってみませんか!!」というコンセプトのもと、走ることの喜びがチャリティとしての寄付に変わり、感謝に繋がることを目的としたマラソン大会です。

  • 開催日
    2019/05/26(日) 受付開始 08:00 ~
    Googleカレンダーに登録
  • 申込受付期間
    2018/11/29(木)09:55~ 2019/5/12(日)23:59
  • 会場
    宝ヶ池公園いこいの森
  • 開催場所
    京都府京都市左京区上高野流田町8
  • 支払方法
    クレジットカード払い、コンビニ払い
  • 代理申込
  • 参加費
    ハーフマラソン(1組)9:00スタート :
      4,000円
    ハーフマラソン(2組)10:30スタート :
      4,000円
    10Km :
      3,500円
    5km :
      3,000円
    2.5km :
      2,500円
    ハーフグループリレー(3名) :
      10,000円
    ハーフグループリレー(4名) :
      10,000円
    5km親子リレー(子は小学以下) :
      5,000円

イベント主催者への過去のレビュー

ゆうまつ

4.67

初夏の季節感いっぱい

かなり暑かったですけど、それはそれで楽しかったです。こたべやバンダナの参加賞も嬉しかったです。

中村誠

5.00

ファンラン!

みんな楽しく走っており雰囲気の良い大会です。

中村誠

5.00

和気あいあい

4人のグループリレーだと一人2500円と費用も安く、初めての人を誘いやすいです。会社の仲間と昨年から連続で参加しています。私たちは割と本気モードで走りまし...

じろん

4.33

水を

大変暑い日でした。エイドで頭から水をかけてもらいました。冷たくて気持ちよかったです。ありがとうございました。

チームのんちひ

3.67

子どもとつないだタスキ

・ボランティアの人たちが真夏日の中、熱心に応援してくれました。 ・大学2回生の長男と二人でハーフリレーを走りました。親子での初めての...

イベント詳細

支払い方法
クレジットカード払い、コンビニ払い
キャンセル受付期間
キャンセル不可
URL
https://kyoto-funrun.jp/
スポーツ
ランニング(種目:ハーフ、駅伝・リレー、親子・キッズ、その他 )
イベント種別
大会、イベント
規模
500人~
レベル
レベル問わず
当日申込
-
計測
-
その他の特徴
参加賞有り
主催者連絡先
京都チャリティ・ファンラン実行委員会事務局
funrun.kyoto@gmail.com 、 075-241-0674
〒604-8217 京都府京都市中京区六角通新町西入西六角町101 NICCO内
イベントID
E0023584
プライバシーポリシー
詳細はこちら
イベント主催者申込規約
詳細はこちら

京都チャリティ・ファンランは、「いつも健康のために走っているあなた!1日だけ人のために走ってみませんか!!」というコンセプトのもと、走ることの喜びがチャリティとしての寄付に変わり、感謝に繋がることを目的としたマラソン大会です。 


受付
  8:00~12:30
・個人種目にご参加される方はスタートの20分前に、スタート地点にお集まりください。
・リレー種目にご参加される方はスタートの30分前に、スタート地点にお集まりください。

場所:宝ヶ池公園「いこいの森」(大会本部)

参加料
 ハーフマラソン:4,000円
 10Km    :3,500円
 5km    :3,000円
 2.5Km   :2,500円
 ハーフグループリレー(3名か4名):10,000円
 5km親子リレー(子は小学生以下):5,000円

参加案内:はがき郵送予定
 

大会コース宝ヶ池公園コース(1周:2.5km、一部アスファルトの土道)を周回するコースになります。(地図はクリックで拡大します)給水所は約1.5kmごとに一カ所ございます。
コースは一部変更になる可能性がございます。その際は詳細が確定次第ご連絡いたします。


 

イベントについての質問・コメント

ログインしてコメントを書く

質問・コメントはありません。

イベント主催者

この大会は、『いつも健康のために走っているあなた!1日だけ人のために走ってみませんか!』を合言葉に毎年5月末の日曜日に開催しています。健康のために走っているランナーに対して、走れることに感謝して頂くと共に、その感謝の気持ちを「チャリティ」という形で表していただくという趣旨のもと大会を運営しています。

違反報告