検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    山形県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
件数:
26

山形県(東村山郡山辺町)

走ろうにっぽん 星ふるロードコース

走ろうにっぽん 山形県コースの一つです。 約600mの上り坂・星ふるロードは適度の負荷がかかりトレーニングコースとして最適。山形市内、蔵王連峰の眺めは絶景です。

未評価

ロード 信号機が少ない 景色がきれい

走ろうにっぽん

運動場をぐるりと囲んだフィールドアスレチックと、さらにそこを広く大まわりするクロスカントリーコースが人気の光が丘公園。この2.2kmの木陰の爽やかなクロカンコースを走る。園内には思わず寝ころびたくなるような原っぱや、大人も楽しめる21のアスレチックもあり人気スポットになっている。道路を挟んで向かい側には、光が丘陸上競技場もある。海に近いため松林もあり、走り足りなければ外に足を延ばしてみても。

未評価

ロード

庄内空港一帯を囲む「庄内空港緩衝緑地」は、飛行機を間近で見られる多目的公園として家族連れに人気のスポットになっている。この緑地を起点にして、外のロードを大きくぐるりと1周約8kmを走る。適度なアップダウンがあり、飛行機の離着陸を眺めながらあきずに走ることができる。四季を感じながら、ランニングが楽しめるコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

庄内平野と聞いて想像する景色そのもの、一面田んぼのコースを走る。春は水田に雲が映り、夏は青々と、秋には稲穂が風にゆれる風景の中、道はひたすら平坦。信号もなく、集中してトレーニングができる。山脈から朝日が昇る様子、夕日が遠くに沈む様子も見られる。距離は3kmからハーフまで自由自在、気分しだいで設定できる。ここでは、西袋駅前をスタート・ゴールに4.5kmコースを紹介。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

1000年の歴史があり奥羽三楽郷のひとつに数えられている温泉郷、湯野浜温泉を起点にクラゲで有名な加茂水族館まで、ほぼフラットな海岸沿いを往復する5kmコース。日本海を眺めながら、気持ちよく走ることができる。加茂水族館はクラゲの展示種類世界一、ぜひ立ち寄りたい。特に日本海の夕日が素晴らしいので、時間を合わせて走るのも、ラン後に温泉に浸かりながら眺めるのもおすすめ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

羽越本線を走る全ての旅客列車が停車するJR鶴岡駅は、出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)の玄関口。駅前から桜並木で有名な赤川へ向かい河川敷を走る往復6kmコース。遠くには鳥海山が見え、春は桜、夏はカッコウの声、秋は稲穂の波打つさま、そして10月下旬ころからは白鳥の姿も…、四季折々の自然の彩がランナーの目や耳を楽しませてくれる。さらに対岸に洋菓子ブルボンの工場があり、甘い香りまで漂ってくる。走りながら五感を目覚めさせてくれるコースだ。

未評価

ロード

小真木原公園は、陸上競技場・体育館・武道館・野球場・テニスコートなど、スポーツ施設が充実している広い公園。週末はここでいろいろなスポーツの大会があり、訪れる人でにぎわう。園内の施設のまわりを縫うように走る1.7kmのコースは、車の心配もなく照明があるので夜も走れるコース。走り方によっては幾通りにもコースがとれ、毎日の練習コースにしているランナーも多い。近くには日帰り温泉があるので、汗を流して帰るのもおすすめ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

1000年の歴史がある出羽の国の名湯「あつみ温泉」をスタート・ゴールにして、日本海沿いを走るコース。折り返し地点の鼠が関は、平安時代から鎌倉時代まで東北地方への関所となっていて、奥州に落ちのびる源義経一行が通ったと言われている。鼠が関のシンボル弁天島までは11.6km。弁天島は樹齢100年の自然松に覆われ、西側には灯台もあり、美しい景色が広がる。ロング走の後は入浴しても飲用でも効くあつみ温泉の恩恵にあずかろう。

未評価

ロード

徳良湖は、かんがい用人造湖として大正時代に造られた。その築堤時に唄われるようになってできたのが、全国的に知られる民謡「花笠音頭」だといわれている。今ではコテージや温泉など、施設も充実している湖畔は1周3km。夏でも涼しく、道幅も広いため、フラットで走りやすいコース。春には100本のソメイヨシノが、秋は紅葉が彩り、冬は白鳥の飛来も見られる。四季折々の景色に癒されながら、ゆっくり走ろう。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

山形県の中でも村山市はそば処として有名。最上川沿いにそば屋が多く立ち並んでおり、舟運時代は「碁点、三ヶ瀬、隼」が難所だったことから「最上川三難所そば街道」と名付けられている。碁点温泉を起点に、そば街道のMAPをもらって走りながら「板そば」を楽しむ観光ランコース。途中にはそば打ちを体験できる「そば打ち道場農村伝承の家」も。「最上川S-mileマラソン」のコースを中心に走る。走った後は碁点温泉で最上川を眺めながら露天風呂!

未評価

ロード

さくらんぼの生産量日本一の東根市。日帰り温泉「さくらんぼ東根温泉」をスタート、前半は東に奥羽山脈、西には果樹園や水田が広がるアップダウンが多少ある山沿いの道を走る。中盤は堂の前公園の池を一周、東根の大ケヤキ、竜神神社を通って白水川の堤防。後半は正面に月山、葉山を遠望しながら水田地帯や東根温泉街を抜ける。変化に富んだあきないコースを走り終わったら、足湯もある温泉やフルーツ、名物のそばなどをたっぷり楽しんで!

未評価

ロード

東北最大級の道の駅、寒河江チェリーランド。公園もある広大な敷地は自転車レース「ツールドさくらんぼ」のスタート・ゴールにもなるなど多くの人々が集まるところだ。ここを起点に、寒河江川の河川敷を走る。川に沿って距離を延ばせば好きなだけ走ることができるコース。近くにはサクランボの果樹園やイチゴ農園などもあり、のどかな山形らしい風景が広がる。ラン後は山形県のB級グルメ、どんどん焼きをはじめ、名産品や工芸品など山形の魅力を満喫できる道の駅で大満足!

未評価

ロード

最上川は、源流から河口まですべて山形県内を流れ、庄内平野など穀倉地帯の米や、県中部のサクランボなどを育む山形県の母なる川。サクランボの名産地のひとつ、寒河江市の最上川河川敷に整備された「最上川ふるさと総合公園」を走る。園内にはランナーに人気の起伏ある周回コースや、芝生、ウッドチップのコースがあり、その日の気分でコースをいろいろ変えて走ることができる。春には残雪の残る月山が美しい。公園のエントランス広場の隣には日帰り温泉もある。

未評価

ロード

山形県総合運動公園は、緑深く木々が生い茂る広大な敷地に陸上競技場や総合体育館、野球場、サッカー・ラグビー場、屋内プールなど、様々なスポーツ施設を備えた公園。春は桜、6月はアジサイ、夏は蝉の声がにぎやかで、秋は紅葉と、四季を感じながら走ることができ、地元ランナーに人気のコース。園内の周回コースは1km、2km、3kmとあり、ペース走や距離走に最適。なかでも約200m続くイチョウ並木は見事。ぜひ走って季節を満喫しよう。

未評価

ロード

プロランニングコーチの金哲彦さんが監修した「天童ラ・フランスマラソン」のコースを走る。ちょうどラ・フランスが食べごろの11月初めに行われるこのレースは、ラ・フランス食べ放題と山形の名物「芋煮汁」がふるまわれる人気大会。山形県総合運動公園をスタートしてラ・フランス畑の中を走る。月山や鳥海山を背景に天童温泉街を見下ろせる素晴らしい景色を、走りながら見られる。ここで紹介するのは往復約17km、観光ランながらアップダウンがあるので、走りごたえのあるコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

りんごとワイン、放牧豚など名産品の多い朝日町が、地元の特産品をテーマに開催している「あさひミートマラソン」のコースを走る。朝日連峰の麓に広がる丘陵地帯で、ひたすら上りが続く9.7kmのコース。上りきったところは、キャンプ場やコテージが並ぶ「朝日自然観」。走ったあとには地方特産のダチョウ肉を召し上がれ!この山麓一帯には、ブナの森が続き清浄な空気を御神体とする世界でも類をみない「空気神社」もあるので訪ねてみては?

未評価

ロード

走ろうにっぽん

山形市のお隣、山辺町で毎年開催されている「星ふるロードマラソン大会」のコースを走る。スタート&ゴールの中央公園は、多目的グラウンドやプールなどのスポーツ施設が充実した公園。ここをスタートして、農業試験場まで南下して折り返す。山辺町は、北部は山形盆地の平地、南部は大小の湖沼が点在する自然豊かな山間部。南にいくほど標高が上がるため、往路は上りで復路は下りとなる走り応えのある往復約10kmのコース。夜はぜひ素晴らしい星空を堪能して!

未評価

ロード

霞城公園は山形市の市街地のほぼ中央に位置し「山形城」別名「霞城」と呼ばれた城の、二の丸の跡地を整備してできた公園。国の史跡に指定されており「日本100名城」にも認定されている。園内は樹木も多く気持ちよく走れる。メインとなるアスファルトのロードは1周1km弱だが、ここではお堀沿いの道を加えて1.8kmのコースとしている。散歩している人や体操をしている人なども多く、いつもにぎやかな市民の憩いの場で、夜も安心して走れるコースだ。

未評価

ロード

いも煮広場や足湯もあり、地元で親しまれている山形西公園の中を走るコース。園内には1周1km・800m・1.3kmのジョギングコースがある。ここでは公園をぐるりと1周、1.6kmのコースを紹介。ほぼフラットなので初心者にも走りやすい。この公園は、地球温暖化防止に貢献するために整備された緑豊かな公園なので、気持ちよく走れるはず。

未評価

ロード

山形市を流れる馬見ケ崎川沿いには約2.3kmの桜並木があり「馬見ケ崎さくらライン」と呼ばれ、地元のお花見スポットになっている。また、秋にはあちこちで芋煮会が行われ、毎年9月には「日本一の芋煮会フェスティバル」が開催されることでも有名。そんな季節ごとの景観やときには美味しそうな香りを楽しみながら馬見ケ崎川の河川敷を走るコース。往復6.6km。「山形まるごとマラソン」のハーフマラソンのコースの一部でもある。

未評価

ロード