このイベントは終了しました。

FUNRiDEトレーニングキャンプ VOL.10 やまめの学校 with LAKE試着会 受付終了

自転車

good 11

FUNRiDEトレーニングキャンプ VOL.10 やまめの学校 with LAKE試着会

FUNRiDEトレーニングキャンプ VOL.10 やまめの学校 with LAKE ◇やまめ工房 堂城賢さんによる講座を外苑前にて平日の日中と午後、2部構成で実施します。そして堂城さんが推すピュア シューズブランドのLAKE(レイク)の試着会を実施します。堂城さんが、どうしてこのシューズメーカーをリスペクトするのか...。知りたいですね!

開催日
開催日
2017/6/21(水)
申込者/定員
申込者/定員
41/100人
チケット
チケット
支払方法 クレジットカード払い 、 コンビニ払い
その他
その他
イベント種別講習会・セミナー、メーカーイベント イベント規模100人~499人 レベル レベル問わず
計測- その他の特徴-

イベント詳細 イベント詳細

FUNRiDE トレーニングキャンプ VOL.10 やまめの学校 With LAKEシューズの性能を引き出す講座 開催!


やまめの学校 校長の堂城賢(たかぎまさる)さんによる人気の講座を外苑前 アールビーズ会議室で開催します。スポーツ自転車において、いかにシューズに重要な意味があるのか、堂城さんに語っていただきます。そこで堂城さん一押しの100%シューズメーカーであるLAKE(レイク)のフィッティング試着会を併催。
この講座で自分に合ったシューズの見極め方を学んですぐに実際に試着できる環境をご用意します。

「堂城さんよりメッセージ」
安曇野のやまめの学校で教えている内容は、自転車だけではなく、どんなスポーツにも応用できる身体の使い方です。一日の講習の時間のうち半日は座学で、実際に身体を動かし「体感」していただいたうえで、その動作を自転車の上で応用するといった内容です。

やまめの学校といえば「背中を丸めない姿勢」というのはよく知られていますが、ただ背中をまっすぐにすれば良いというものではなく、同じ姿勢であっても靴の中で指がどうなているのかで全く違った身体の動きや結果になるという事にも生徒さん自身に体感していただき納得していただいております。そういった内容でスクールを進めていくと、自然にシューズの履き方や、それを使いこなすことの難しさや重要性に生徒さん自身が気が付きます。

シューズの踵がフニャフニャなものもあれば、しっかりとホールドするもの、さらに熱整形でホールドの加減を調整できるもの等々・・・どんなものを選べばよいのか迷うくらいに製品が充実しています。充実しているがために迷うでしょうし、情報も氾濫していて何を信じればよいのか分からない方が多いと思います(実際に生徒さんが安曇野に来られる理由です)。

私は身体の使い方を教えており、身に着ける物が動作に及ぼす影響は非常に大きいと感じています。シューズに関しても自分が納得できる優れた製品として、これまでBONTやディアドラ、SIDIなどを自費購入して使用してきましたが、なかでも最近巡りあえたLAKEが非常に素晴らしく、今はロード、マウンテン、ウィンターとすべてにLAKEを愛用しています。
 
しかし、どんなに良いサイクリングシューズを履いても、前述したようにそれをきちんと使いこなせなければ価値は半減してしまいます。私がLAKEのシューズを使って実感したのは、きちんと使った時にちゃんと高いパフォーマンスを発揮してくれるシューズだということです。LAKEのシューズは見ても履いても、「良いシューズ」たるための設計理念が存在するのが分かります。このシューズは正しく使ってやらないともったいない!そう思わせられるシューズです。講座ではシューズを「ただ履く」のではなく、「正しく使いこなす」方法をお伝えします。

やまめの学校に来られる生徒さんの中には、自転車しかスポーツとしてやっていない方、他のスポーツもやっている(トライアスリート等)方がいますが、圧倒的に上達するのがスピードが早いのは他のスポーツもやられている、若しくはやっていた方です。特にトライアスリートは、自転車以外の部分(スイム・ラン)での効果が大きいとおっしゃいます。
シューズの重要性も良くお解りの方も多いです。

何故世の中には「靴の中で指を掴む人」「靴の中で指を掴まない人」が居るのか、「引き足を使う人」「使わない人」が居るのか。その理由がハッキリと体感できる内容で講習を行います。

「体感できないものには根拠がない」
それを第一に考え、できない人の理由を考えて改善させていった結果が現在の座学やスクールの内容になっています。YouTubeで「やまめの座学」と検索していただくと、札幌で行ったスクールの内容がご覧になれますが、今のはもっとパワーアップしている感じです。参加者の方には、今感じているお悩みを持ってきていただき、それを解決するためには何をしなければならないのかを知っていただけたらと思います。


【開催日】
6月21日(水曜日)

【実施時間】
講座:13時半受付開始 14時〜16時/試着:16時〜17時(1部)
講座:17時半受付開始 18時〜20時/試着:20時〜21時(2部)

2部構成で実施いたします。

【持ち物】
室内でトレーニング出来る服装
メモ(カメラ/スマートフォン機能でも可) 筆記用具
タオル等、汗を拭けるもの
運動をしやすい靴(スニーカーなど)
※自転車でもお越しになれます(社屋に持ち込み可能)。サイクリングシューズで御出でになる場合は、スニーカーを用いますので、ご持参ください。
※シューズ試着希望の方は普段使っているサイクリングソックスを持参ください。

※ご用意する試着サイズは36~45です。それ以上のサイズの方は事前にご連絡ください。

堂城賢さん
たかぎまさるさん◇自転車ティーチングプロ

高校から本格的に自転車を始め、高校1年生の時には一人でランドナーで北海道一周旅行をする。その後MTBの楽しさに目覚め、日本におけるMTBレース創成期よりプロライダーとして18年間活躍。日本で初めて29er(車輪の大きさが29インチのMTB)をレースで使用、今日の29erブームをけん引したパイオニア。人呼んでMr.29er。ロードもツールド北海道に北海道選抜チームのエースとして出場、3年連続の完走を果たす。
現在は長野県安曇野市で年間約700名の生徒が受講するライディングスクール「やまめの学校」を主宰。29erを極めた事で得た独自の理論に基づく、重心の軸・荷重移動は多くの雑誌等で特集されている。誰でも楽に速く走れる、わかりやすい指導には定評があり、スクールや多くのイベントを通じて、多くのサイクリストに走る楽しさを伝えている。
+++++++++++++++++++++++++++++
LAKE
レイク◇1982年創業、35年の歴史を重ねた老舗ブランドだ。シューズ一筋の同社は(専業は片手で数えられるほどしか残っていない)アメリカで産声をあげたが、2000年代に入り、オランダの投資家グループがレイクを所有してたが、4年半前に現在のオーナーであるボブ・マース氏によって買収されオランダのシューズメーカーとして再出発している。シューズデザイナーは1998年からおよそ20年に渡りデザインを担当しているクリス・ハッチェンス氏だ。今のレイクの中でただ1人のデザイナーで彼が設計からすべて手がけている。良いものを作りたいというレイクは中国の工場で生産を行なっているが外注ではなく自社工場で、OEM生産も行なわずレイクのシューズだけを作っている。

DSC_9179のコピー
デザイナーのクリス・ハッチェンス氏
  • 支払い方法
    クレジットカード払い 、コンビニ払い
  • 申込受付期間
    2017/5/9 14:07 〜 2017/6/20 23:00
  • キャンセル受付期間
    キャンセル不可
  • 住所
    東京都渋谷区
  • 受付開始時間
    13:30 ~
  • 年齢制限
    18歳以上
  • 競技種別
    自転車 (種目:ロードレース、ヒルクライム、エンデューロ(耐久)、クリテリウム・タイムトライアル、サイクリング・ロングライド、ブルベ、シクロクロス、その他)
  • イベント種別
    講習会・セミナー、メーカーイベント
  • イベント規模
    100人~499人
  • レベル
    レベル問わず
  • 当日申込
    -
  • 計測
    -
  • その他の特徴
    -
  • 主催者
    FUNRiDE
  • 主催者連絡先
    株式会社アールビーズ ファンライド事業部 (担当:小高/山本)
    funride@runners.co.jp 、 03-5771-7902
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-4-12 DT外苑
  • イベントID
    E0007629
2017/6/21(水) 14:00〜16:00 堂城さん講習会/第一部
16:00〜17:00 LAKEシューズ試着会/第一部
18:00〜20:00 堂城さん講習会/第二部
20:00〜21:00 LAKEシューズ試着会/第二部
21:30〜 終了

コメントコメント

ログインしてコメントを書く

イベント主催者 イベント主催者

164
24

FUNRiDE

1993年より発行してまいりましたスポーツ自転車専門誌「月刊FUNRiDE」は2015年10月にウェブメディアとしてリニューアルをしました。
今後は日々アクティブに楽しむサイクリストに、より多彩で有用な情報をお届けするとともに、みなさまサイクリスト自身も情報を発信できる場を作ってまいります。
FUNRiDEの取り組みにぜひご期待ください。

この主催者の他のイベントこの主催者の他のイベント

TOP