一般社団法人 阿賀町観光協会さんのレビュー一覧

マサムライ

5.00

タフなコース、でもおもてなしが最高

阿賀ウルトラショート初めて走って来ました。コースは平坦な場所が少なく累積標高も1000mを超えるタフなコースでした。それでも地域の方の応援が多く力を貰いました♪それからエイドやゴール後のおもてなしが最高でした。そば、ラーメン、カレー、卵かけご飯、豚汁、ヤスダヨーグルト、清酒麒麟山、果物、漬物、アイスなどなど沢山出てきてコスパが非常に良かったです。Tシャツに無料温泉券付き。それからニューハレさんの無料テーピングやゴール後の無料マッサージ、針がありレース後の疲れもとってもらいました。毎年コースも変わる様なので毎回新鮮な気持ちで走れるのも魅力ですね。キツかったですがとても楽しい大会でした。

でぶごん

4.33

アップダウンの連続 かなりきついコース

初めて参加しました。これでもかというくらいアップダウンの連続で、後半の上りはとても走れませんでした。エイドは飲み物の種類が豊富で、しかも冷たくてありがたかったです。食べ物も豊富でした。ただ、エイド数が少ないため、水分を持って走らないと厳しいと思います。スタッフの方々は親切で、きつけどまた走りたくなる大会でした。

あきおいぬ

5.00

ロングはきつい厚底シューズがオススメかも

初めて参加しました、関係者の皆さま、暑い中、ありがとうございました。とても充実した大会運営で楽しめました。鈍足ランナーでも平地、下りはできるかぎり頑張って走る、休まないで動くを徹底すれば、ロングも完走できるとは思いますが、それに耐える脚をつくる練習をして、このスピードで制限時間に間に合うかを計算できる頭脳も試されます。自分は、やや薄底のシューズで挑戦しましたが、64キロの広瀬エイドで、かなりいっぱいいっぱいでした。好みにもよりますが、坂がきついので、遅い人は厚底シューズで確実にいったほうが幸せかなと思います。ゴール後はカレー、ラーメン、豚汁、塚田ヨーグルト、ノンアルコールビールと非常に充実しており、ありがたかったです。また来年よろしくお願いします。

esso

1.00

毎回どきどき!

第1回2019年の大会と今回2022年の大会に参加させて頂きました。
阿賀町を満喫してもらう試みで、毎回コースが異なる設定は、
私の様に、旅runを目的にウルトラマラソンに参加している人にしてみれば、同じ大会でも、常に新鮮でドキドキしながらのrunが味わえ、非常に良いかと思います。
(記録より記憶で、あと熊、猿のドキドキも)
大会関係者の方々には、毎回異なるコースの設定で、ご苦労も多いかと思いますが、いつまでもこの大会が継続できますことをお祈りいたします。

ツインくる 東北

5.00

難コースには柔軟に対応? 今回は…完走!

阿賀町上川地区の山道難コースぶりは言うに及ばす、特筆すべきは、たきがしら湿原の「カモシカ歩道」。湿原周辺のブナ林を巡るハイキング道で、急坂・階段・湿った落葉の1.3km区間は難関トレイルコース!
エイドの補給食は充実。七名の手打ちそばとおにぎり、広瀬の塩ラーメンは、疲弊した体の再起動に貢献。ただ、小手茂から広瀬まで11.7kmあり、日差しも強く、エネルギー切れ寸前でした(笑)。
広瀬からは緩やかな下り勾配でペースを堅持し、56km完走! 昨年DNFのリベンジ達成!
ゴール直後にはキンキンに冷えたノンアル○○○×2缶を皮切りに、ダシ・たまごがけご飯、豚汁、カレーの振る舞いをいただき、大満足でした。
最後に、参加ランナーに走り易い環境を整えていただき、当日は受付開始の未明からゴール閉鎖の夕方まで熱くサポートいただいた、実行委員会・スタッフの皆様に心から感謝をいたします。
今年と別コース開催となる2023大会への期待も膨らみます。ありがとうございました。

ゆーちゃん

5.00

楽しく走れました。

エイドは食べ物・飲み物が充実していました。そばとラーメンは特に美味しかったです。暑かったので、エイドでマイボトルに飲み物を入れていただき助かりました。エイド間が長いので時間がかかる方は飲み物を持って走った方がいいです。高低差がきついのでショートでも関門の制限時間にかかりますので注意してください。ゴール後のふるまいはエイド以上に充実してます。内容は会場で確認してください。

user1048

4.33

阿賀ウルトラマラソン

大会の雰囲気はアットホームな感じですし、エイドも充実してますし、地元の協賛も多くゴール後も食事が楽しめますしとても良いです。
コースは起伏があり制限時間も優しくはないのでガチのランナーにも十分すぎるほど走り耐えあると思います。それはそれで良いのですが距離と制限時間をみて、ひいてしまうというか敬遠するランナーが意外といる気がします。実は前回大会の自分がそうでした。
ウルトラマラソンと謳っているだけにフルマラソン以上の距離になるのは仕方ないのかもしれませんが、ビギナー(マラソン初心者やフルマラソンをまだ走ったことがない人)向けに30〜35kmくらいで制限時間ゆるめのコースもあるともっと参加者が増えるのではないでしょうか。
そのほかカップル割引とか思い切って20代はエントリー代2000円にするとかリレー部門をつくるとか若い方にも参加しやすくして認知度あげて継続して欲しい大会です。

TAKAFUMI OKABE

5.00

運営しっかりしてました。

イベント規模に見合った運営で非常に良かったです。
おもてなしはそれ以上でした。

ジューザ

5.00

想像以上に楽しかった

ウルトラマラソンなのに格安の9000円で参加ができて、大会から案内のあったホテルも安く泊まれた。
エイドもソバ、ラーメン等充実していて楽しく走れました。
来年も参加したいと思わせる素晴らしい大会でした。

やっちゅ

5.00

坂好きのウルトラランナーには最適の大会

こじんまりとした大会ですが、その分、選手一人一人へのおもてなしが受けられます。ずっと坂道の連続です。坂好きの人にはたまらないコースです。

takeaki

5.00

楽しい→気持ちいい→キツイ→辛い→嬉しい

タイトル通りの大会でした。
聞くところによると、世界一参加者の少ない、世界一完走率の低いウルトラマラソンかもしれないそうです(笑)
しかし、コースのキツさと時間制限、関門設定など、絶妙に休ませてもらえないやり方にマニアックさをひしひしと感じられる面白い大会です。
進めども山ばかりで、上り下りの連続。
しかしそれを一瞬だけ忘れさせるボランティアの皆さんの盛り上げ方やおもてなしの一体感がとても嬉しく、痺れました。
特に、キツイ場面でのエイドからの激励!
大声でファイトォ!と気合いを入れてくれるスタッフに感動しました。
お陰様でなんとか完走もでき、充実した十二時間となりました。
フードも美味しく、おかわり自由(笑)なんで素晴らしいんだと感激の連続に騙されて走り切れたと言っても過言ではありません。
また来年も開催していただけることとを願いつつアンケートの回答とさせていただきます。

たつのはれるん

5.00

大自然と地元の方々との会話を楽しめる❗

坂の多いコースと知りペースを押さえてスタートしました。
バテたところでエイドのフルーツゼリーはとても助かりました。消化、吸収に良く、回復に最適でした。
応援する人は限られていますが、だからこそ、見えたところから励ましてくれる応援は心に響きました。
また、苦しんだあとの展望台での景色は感動的で、運が良ければダムの放流を見ることができます。
ゴールも遠くから励ましていただき、嬉しさひとしおです。
ゴール後のキノコ汁もまた疲れた体に染み渡りました。
スタッフのお心遣いに大感謝です。
来年も挑戦したいです❗

井上友晴

5.00

スタッフのみなさんに感謝

記念すべき第一回大会で、初ウルトラを体験しました。
新潟市から日帰りができて、募集人数が50人とプレミア感があるのに、不安になるほどリーズナブルな参加費に思わずエントリー。
小休止していたランニングを再開して、万全の状態で挑みましたが、超山岳コースはキツかった…。
脚がガクガクで、制限時間も気になりだした最後の山頂、赤崎山からの絶景をチラ見しか出来なかったのが少し心残りでした。
しかし、なんと言っても阿賀ウルトラマラソンの一番の特徴は、スタッフの方々の優しさあふれる対応です。
スタッフみんなが親切だったので、苦しかったけど楽しめる大会でした。
大会運営のみなさん、いい思い出をありがとうございました。

ぴくぴこ

4.33

第2回目以降、更に期待をします

第1回目ということで期待半分でした。良かった点として距離表示が適切で安心感があったこと、エイドをはじめとしたスタッフの対応が素晴らしかったことです。コースはきつかったですが、今後100Kmのウルトラへの発展も期待されるものでした。一方、参加費が安価なこともあってか、給食はもう少し地元の品(固形物、汁物)があれば良かったです。来年も参加したいと思います。

亀ひろし

5.00

スタッフ数>参加者数?(笑)

第一回、募集人員50名、ウルトラとは思えないエントリー料、そして生まれ故郷での開催ということで、出ないという選択はなく即申込みました。予報に反して雨もほぼなく、気温も上がらず快適なコンディションでした。コースは400m級のピークを3つ上り下り、と思ったら、3つ目登り切った後の赤崎山往復はキツかった(笑)。それでもなんとか時間内完走でき満足です。エイドは間隔が少し長いですが、私設エイドもあり、水分を持って走れば問題なしです。ただ個人的には多少エントリー料が上がっても、もう少し炭水化物系の給食があるとうれしいです。しかしなんといってもこの大会特筆すべきはスタッフの熱量の高さ!どのエイドでもフレンドリーに的確な情報をくれて背中を押してくれました。沿道の声援もうれしく、旧友の応援もあり、充実感一杯の大会でした。阿賀のみなさん、ありがとう!

スリーエレファント

4.00

初のウルトラマラソン

初めてのウルトラマラソンだったのでコースがキツいのかラクなのか比較できませんが、自分にはかなりキツかったです。
エイドも最低限のものがあり十分でした。
民家の前を通るときには、おばあちゃん達が応援してくれるので元気がでます。
出来れば来年も走りたいですがもう少し平坦な道で距離を稼がせて貰えたら嬉しいです。

タクミチ

4.33

美しい景色を見ながら、激坂を味わえる。

地元の方々もサポートして下さる大会

takeaki

5.00

近くてよかった(笑)

ウルトラマラソンというと遠方がちなので、近くで開催されると知り、いの一番に申し込みました。すでに2レースとも途中棄権や時間切れで完走できていなかったので、60kmならと思っていたら、なんとコース図の60km地点はまだ途中だったという(笑)
それにしてもよくもこんなに上り下りさせるなと思うほどのコースに何度か嫌になりました。
特に最終関門突破して安堵した後に続く延々と下るゴールまでの道のりは、上りになったら歩こう、上りが来るまで辛抱、と粘るもずっと下りか平坦(泣)
ともあれ、確実なプランで臨んだおかげで完走できてよかったです。あんなに辛かったのに、来年のことを考えてる…(苦笑)
手作り感があって、町の人たちの応援も素晴らしく、ボランティアのノリもよく、辛さを乗り越えさせる楽しさが随所にありました。ボランティアの方には頭が下がります。こんな道楽に付き合っていただき感謝です。また来年も期待します。

小林 裕幸

5.00

阿賀町の景色が存分に楽しめます!

第一回大会ということでしたが、非常にスムーズな運営でした。エントリー人数に対してコースも十分でしたし、必携装備にコースマップが指定されていますが、ほとんどスタッフが誘導してくれているのでコースロストの心配もありません。
獲得標高が1800mクラスですが、季節柄それほど暑さも厳しくなく、エイドも地元の魅力が詰まった内容で、特に補給食が充実しています。スタート時間も6:30と余裕がありますし、制限時間も10時間と適切だと思います。この内容でこの価格なのでコスパは高いです。また来年も参加したいと思います。