検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    秋田県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
件数:
25
走ろうにっぽん

小坂町は東北で最初に電気が通った町。鉱山で栄えていた証拠だとか。その昔の鉱山の廃鉱あとをめぐる、観光ランコースを紹介。旧小坂鉄道の線路と設備を利用した鉄道ファンにはたまらない施設、「小坂鉄道レールパーク」をスタートして鉱山住宅跡や芝居小屋の康楽館を通り、町のまわりをぐるりと1周2.6km。鉱山事務所では栄華を極めた当時の衣装を着て写真が撮れるサービスもある。タイムスリップした気分で走ろう!

未評価

ロード

走ろうにっぽん

「風の松原」は日本最大規模の700万本の松の林で、能代市の海岸沿いに連なる砂防林地帯は東京ドーム163個分の広さ。この松林に整備されたトリムランニングコースを走る。能代陸上競技場をスタート・ゴールに、ほぼ平坦で夏でも涼しい林の中を周回する。松林の中には、散策路「健康づくりの道」(全長3.6km)やサイクリングコース(1周6km)も設けられている。風の松原の成り立ちは、司馬遼太郎の「街道をゆく29 秋田県散歩/飛騨紀行」でも取り上げられている。

未評価

ロード

秋田県鹿角市は青森県と岩手県の県境にあり、多くの古墳が遺されている地域。縄文遺跡「大湯環状列石」は国の特別史跡に指定されている。花輪スキー場を中心に総合スポーツ施設として山の中に整備された「アルパス」内のクロスカントリーコースは雪の期間はクロスカントリースキーコースになるところ。起伏あるコースは夏でも涼しく快適に練習できる。敷地内の鹿角トレーニングセンターには室内ランニングコースや温泉、合宿の設備も!

未評価

ロード

「北欧の杜公園」は「花の百名山」に選ばれている森吉山を望み、広大な緑の大地は北欧を思わせる自然公園。大芝生広場、オートキャンプ場、野鳥観察舎などが整備されている。この公園をスタートして、大館能代空港まで走る6.8kmのワンウエイコース。県北部の鷹巣の町並みを見下ろしながら起伏のある道は走り応えあり! 「秋田内陸リゾートカップ100㌔チャレンジマラソン」のコースの一部でもある。空港は道の駅にもなっていて比内地鶏など地元の味覚を楽しめる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

遠浅の砂浜が続く秋田県の日本海沿いと、八郎潟の干拓地大潟村に挟まれた男鹿市の若美地区は、黄昏時には沈む夕日が美しいことで有名。若美温泉の「夕陽温泉WAO」をスタートして、南は宮沢海水浴場方面、北は三種町との境あたりまで、8の字を描くように走るコース。激しいアップダウンもあり、日本海に面した箇所では、風が強く忍耐力が鍛えられる。毎年11月末には、秋田のランニングシーズンを締めくくる「若美走り納め駅伝競争大会」が行われているコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

大潟村を走る県道298号線沿いに咲く、菜の花と約4000本の桜が美しい「菜の花ロード」をメインに走る。八郎潟を干拓してできた大潟村の役場をスタート・ゴールに菜の花ロードを南下。国道7号線を北上して「道の駅ことおか」では、名物こはじゃソフト(山ぶどうの一種ナツハゼの木の実使用)や、しいたけうどんで補給。さらに八郎潟と大潟村を繋ぐ新生大橋を渡って、約8km続くまっすぐなロードを走りきって大潟村役場にゴール! フラットな36.4kmのコース。

未評価

ロード

県立小泉潟公園は、湿原植物群落の県指定天然記念物の男潟・女潟を中心に丘陵地などそのままに自然を利用した、63.7haもの広大な公園。女潟をスタートして園内にある県立博物館を通り、男潟の外周から公道に出るとすぐ、重要文化財「旧奈良家住宅」のかやぶき屋根が見えてくる。ここをぐるりと回って公園に折り返す5kmのコース。ほぼ平坦で景色に変化があり気持ちよく走れる。初冬には白鳥が飛来するとか。本格的な日本庭園も一見の価値あり!

未評価

ロード

標高1170mの太平山は秋田市内のどこからも望める、秋田市民にとってはまさに故郷の母なる山だ。その麓は太平山リゾート公園として、スキー場やキャンプ場、スポーツ施設などが自然を生かして整備されている。スキー場の駐車場をスタートし、公園と隣接する旭川ダムを通り、大きくひとまわりする。アップダウンが激しく足腰を鍛えられるコース。山に囲まれたダムの上からは絶景が見渡せる。新緑の季節は山の息吹を感じて、秋は紅葉の彩りの中を走ろう!

未評価

ロード

高清水公園は日本最北の城跡、国の史跡に指定された秋田城址がある公園。秋田城が奈良時代から平安時代にかけここにあり、当時の門や井戸などが再現されているなど、歴史公園として整備されたところ。紹介するのは、秋田県護國神社をぐるりと1周する1kmの周回コース。木が生い茂り空気も澄んでいるパワースポットを走る。園内には湧水で一夜にしてできたといわれる神秘の沼「空素沼(からすぬま)」と龍神を祀った「空素沼神社」もある。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

田沢湖は最大水深423.4mの日本で最も深い淡水湖。湖全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されている景勝地だ。スタート・ゴールは、秋田犬や比内鶏など、秋田の天然記念物が見学できる田沢湖共栄パレス。反時計回りに田沢湖を1周する20.5kmのコース。5kmごとにトイレや茶屋があり、湖水を行く遊覧船や金色に輝くたつこ像、ブナ林のトンネルなど、景色も空気もきれいで飽きずに走ることができる。「田沢湖マラソン」の20kmのコースでもある。

未評価

ロード

秋田大学のある手形はカフェやラーメン激戦区として発展している注目地域。その手形にある秋田大学をスタートして手形山トンネルを通り、見晴らしがすばらしい手形山を目指すコース。トンネルを抜けると橋の上からの秋田の市街地が目の前に広がる。そして手形山を過ぎると、古来から勝利成功、事業繁栄の守護神として祟敬される太平山三吉神社総本宮付近も通るので、参拝してパワーをいただこう。

未評価

ロード

秋田の冬の風物詩。路面の温度を上げ、雪をとり除いたロードヒーティングロード。本来積雪のある真冬に、歩道を心置きなく走れる、雪国のランナー羨望のコースだ。県庁前を走る県道26号線(山王大通り)と、それと交差するように旭川沿いを走る県道28号線(有楽町通り)がそれ。秋田県庁をスタートして、秋田市の官庁街や中心街を走るこのコースは、両端はそれぞれ国道13号線に出たところで折り返す往復9.3km。どうしても練習不足となる冬場の救世主的コース。

未評価

ロード

秋田市のメイン通り広小路の千秋公園入口をスタート、お堀の中土橋通りをまっすぐ久保田城址や佐竹資料館などがある千秋公園へと駆け上がる。木々が茂る園内の、起伏ある歩道を駆けめぐる。縦横無尽に好きなだけ走ることができる。本丸、二の丸に当時のおもかげが残っており、表門、佐竹義堯公の銅像、鐘楼、櫓など再現されたところを訪ねる観光ランも歴史好きにはおすすめ。春はこんもりと全体が桜色に染まり、夏にはお堀に蓮の花がいっぱいに咲くきれいなコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

秋田駅をスタートし、夏は竿燈まつりの会場にもなる山王大通りを通って、7号線をまっすぐ南下。海沿いを走り、道の駅「岩城アイランドパーク」がゴールの片道24.2kmのコース。道の駅にある岩城温泉「港の湯」でほっこりしたら、とれたての海鮮焼きを満喫しよう。帰りは岩城みなと駅より電車で帰ることができる。途中で疲れても線路が並行しているので、いつでも電車に乗れるのもいい。

未評価

ロード

秋田を知る第一歩。駅前にはホテルも多いので、出張で来たランナーにおすすめのプチ観光ランコース。秋田駅をスタートして、メイン通りの広小路を通り、秋田藩主佐竹氏が築いた久保田城跡のある千秋公園へ。お堀端は季節によって桜につづじ、夏はハスの花が美しい。手形陸橋を越えたら、秋田駅に到着。3.7km。時間のない朝ランにも最適。

未評価

ロード

秋田市のランニングのメッカ。秋田駅から2㎞弱に位置する、一つ森公園コミュニティ体育館を起点とし、外周1km、2kmのコースがある他、100周するとフルマラソンの距離になる421.95mのコースもあり、大晦日に走っている地元ランナーもいる。3km、4kmのクロカンコースもあり、8の字に走ると3周で20km走ることができる。体育館は無料で使用することができ、更衣室やシャワーもあるので便利。図は2kmのコース。

未評価

ロード

一級河川の雄物川、日本海へそそぐ手前の秋田市の平野部分を川に沿って走る。サイクリングコースとして整備されており「日本海から○km」という距離表示があるので目安になる。ここでは、秋田市街からのバス通り「秋田大橋」を起点に往復32.2kmのコースを紹介。ほぼ平坦で、距離は片道20kmまで延ばせるのでロング走に最適。雄物川には秋から初冬にかけて、白鳥が飛来するスポットもある。復路では日本海方面に沈む夕日が美しい。

未評価

ロード

AIU(国際教養大学)は国際的に活躍できる人材育成と就職率100%で全国的に有名。その図書館は多くの建築デザイン賞を受賞した日本一美しい図書館だ。ここを起点に、「秋田エアポートライン」を通って広大な県立中央公園のピクニックゾーンの外周を走り、秋田空港を折り返す往復コース。離着陸する飛行機も間近に見ながら走ることができる。ラン後には、一般開放もされている秋田杉の香り漂う図書館に寄ってみるのもいい。

未評価

ロード

秋田空港を取り囲むように整備された県立中央公園の、中でもひときわ目立つ雪のかまくらを模した白い屋根、あきたスカイドーム前をスタートし、広大な緑あふれる園内のスポーツゾーンをぐるりとめぐるコース。信号がなく適度なアップダウンでリズムよく走れる。自然を生かした青少年教育ゾーンには、東京ドーム5個分の広さがあるフィールドアスレチックやキャンプ場、ファミリーピクニックゾーンにはバーベキュー場や展望台もあるので、1日かけて楽しめる!

未評価

ロード

東北の小京都、風情ある武家屋敷が並ぶ角館の観光名所をめぐるコース。JR角館駅を発着点に、武家屋敷通りや伝統工芸品の桜の樺細工伝承館、夜桜で有名な桧内川沿いを走る、3.5kmのフラットコース。通り沿いの黒塀のあちこちに、城下町角館の象徴と言ってもいいシダレザクラが見られる。角館のシダレザクラは、およそ350年ほど前、京都から運ばれたエドヒガンザクラの苗木が由来とか。現在450本あるうち162本が国の天然記念物に指定されている。

未評価

ロード