検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    佐賀県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
並び替え
件数:
25
    • 玄界灘を望む景勝地にある波戸岬海浜公園。公園から海や島々を望む景色は最高だ。海辺に下りれば砂浜を走ることもできる。波戸岬クロスカントリーコースの一部にもなっており、公園内1周2kmはアップダウンあり。スピードを上げて走れば心肺も筋力も追い込むことができるコース。岬の先端には白いハートのオブジェ。「恋人の聖地」と呼ばれ、ここからの夕焼けも絶景。ラン後は名物の「さざえのつぼ焼き」を堪能しよう。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    呼子港~呼子大橋・朝市満喫コース(唐津市)

    佐賀県(唐津市)

    • 起点にした呼子台場みなとプラザは漁協の直売所。隣には日帰り温泉もある。呼子港沿いに走るコースは、漁船が並ぶ海辺の町の風景や日本三大朝市といわれる呼子の朝市エリア、全長728mの呼子大橋もめぐる。橋から眺める青い空と輝く海、こんもりとした島々の眺めは絶景だ。アップダウン満載で、坂好きにはもってこいの練習コース。しっかり走った後は朝市通りで、活きのいいイカなどの生鮮食品や、屋台のいなりずしなど、食べ歩きを楽しもう。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    広い牧場と海、加部島一周ランコース(唐津市)

    佐賀県(唐津市)

    • 呼子の沖に浮かぶ周囲約8kmの加部島は、小さいながらも魅力たっぷりの島だ。スタートからアップダウンの連続で足腰のトレーニングにぴったり。目玉は加部島の中心部、約500m続く一本道。長い坂道を上ってゆくと海に向かって視界がぱっと開け、目の前に牛の放牧地が広がり、その向こうには海が見える。途中で名物の甘夏ゼリーを補給して元気が出たら、見晴らしのいい展望台がある「風の見える丘公園」まで脚を延ばすのもおすすめ。

    ロード

    • 朝鮮への出兵拠点地となったのが、名護屋城だ。城を中心に文禄・慶長の役の際築かれた、徳川家康、上杉景勝、福島正則、加藤清正などの陣跡をめぐるコース。歴史に名を残すそうそうたる武将の陣跡をつなぐ道は起伏が多く険しいが、戦国武将好き、またはアップダウンを走りこみたいランナーにはもってこいのコース。400年以上昔の武将たちに思いをはせながら走ろう。

    ロード

    • 玄界灘からの潮風を浴び、海と山の景色を眺めながら走る。幸多里の浜、相賀の浜など美しい海岸線が続く道もあれば、巨石が立ち並ぶ岬もある。中でも2本の柱のようにそびえる立神岩は、玄界灘の荒波と相まって壮観。水平線から昇る朝日、里山を真っ赤に染めて沈む夕日など、海の風景を眺めながら走るのも楽しみのひとつだ。コース全体に細かいアップダウンがあり、最初の折り返し地点には急坂もある。景色と走りを堪能できるコース。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    絶景!浜野浦の棚田を走る玄界灘コース(玄海町)

    佐賀県(東松浦郡玄海町)

    • 小さな入り江に夕陽を受けてオレンジ色に輝く棚田と海。息をのむような景色で知られる浜野浦の棚田を見ながら走る。コース目玉の棚田までは、急坂ありのアップダウン。折れそうな心を鼓舞して上ったごほうびが棚田の絶景!輝く夕景も、初夏の青々とした緑もすばらしい。坂道を下ると、海を望む玄海エネルギーパークがある。都市対抗県内一周駅伝の「唐津・玄海」チームもトレーニングに使うコースとのこと。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    走って唐津の名所を堪能コース(唐津市)

    佐賀県(唐津市)

    • 唐津市の名所をめぐる観光ラン。松浦川沿い進むとだんだんと唐津灘が近づき、海浜には日本三大松原のひとつ「虹の松原」。その先に見えてくるのが海に臨む唐津城。左右に松原が広がる天守閣が美しく、春の桜も初夏の藤もおすすめ。市街地には豪壮なお祭り「唐津くんち」で知られる唐津神社がある。観光コースとはいえ、平坦で直線が続く松浦川では距離表示もあるのでスピード練習にもよい。また時折の強い海風も、負荷練習になる。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    唐津の景色を見渡せる鏡山登山コース(唐津市)

    佐賀県(唐津市)

    • 山頂が平らなのでどこから見ても台形に見える美しい鏡山。桜やつつじの名所として人気がある。山頂付近には芝生広場があり、展望台からは眼下に唐津平野を眺め、遠くには唐津湾、虹の松原を眺望できる。曲がりくねった登山道の坂道はかなりきついが、春は桜のトンネルになって美しい。坂を上り下る、アップダウントレーニングに最適。木陰も多く夏場でも走りやすいコース。

    ロード

    • 「さが21世紀県民の森」の北山湖周囲につくられた約6kmのサイクリングロード。標高約400mのところに位置し、森林の中を走るため夏でも涼しい。適度なアップダウンはマラソンシーズンに向けて夏場の走り込みに最適だ。坂道走もできる。北山湖はブラックバスの釣り場として知られ、ボートから釣りを楽しむ人もたくさん。四季折々の森の姿と湖面ののどかな風景を眺めながら飽きずに走れる。

    ロード

    • 長い上り坂、それも急坂ありの道。心が折れそうになるものの、走り切ればその分走力もつくハード練習コース。背中を押してくれるのは美しい景色と自然の音。春はソメイヨシノ、秋は紅葉に染まる河内ダムでは、小鳥のさえずりを伴走にして走れる。大興善寺(だいこうぜんじ)はつつじの名所として知られるほか、梅雨時期にはアジサイも美しい。前半上りできつい分、後半は風を受けながら川沿いをテンポよく下ろう。

    ロード

    • 嘉瀬川ダムの建設でできたダム湖の周囲を走る。じっくり走りこみたいとき、マラソン大会前に脚に刺激を入れたいときにぴったりの起伏たっぷりコース。広い湖面と山々の眺望がすばらしく、秋は紅葉に染まり美しい。湖にかかる銀河大橋からの眺めは最高!約400mの橋はダッシュにも適している。トレーニング後は湖を眺めながらおいしい食事も楽しめる。近くに温泉地もあり、夏合宿で走りこむのもいい。

    ロード

    • 標高1055mの脊振山に続く道を上る坂道コース。町を抜け、左右に森が見えてくるとどんどん傾斜が厳しくなり、さらに上ると山を縫うように続く坂道!大自然の中、前半はひたすらがまんして脚の筋肉を使い、後半の下りでスピードアップの練習で刺激を入れる。木陰が多く暑い夏でも追い込んだ練習ができる。さらにがんばって脊振山の頂上を目指せば五穀豊穣の神を祀る脊振神社もあり。近くには吉野ヶ里公園もある。

    ロード

    • 神埼市と吉野ヶ里町にまたがり、日本最大級の大きさを誇る弥生時代の集落跡「吉野ヶ里遺跡」。周囲は弥生時代を体験できる吉野ヶ里歴史公園として整備されている。物見やぐらや竪穴住居、高床倉庫が復元された園内を走れば、遥か昔にタイムスリップしたような感覚に。ほぼ平坦な2.2?のコースは、遺跡見物を兼ねた観光ランに。桜の季節に開催される「さが桜マラソン」では、23?地点で公園内をぐるっと回る。

    ロード

    • 佐賀県総合運動場は、全国人気大会「さが桜マラソン」のゴール会場。1周1.5?のランニングコースはゴムチップ舗装で100mごとの距離表示もあり。コースはほぼ平坦だが、最後150mには坂道もある。県内ランナーのメッカといえるほど人気のトレーニングコースで、走力のあるランナーを見ながら走れば刺激を受けながら集中して練習ができる。ペース走、ビルドアップ、周回でジョグなどいろいろな練習に使える短めの1.5km。

    ロード

    • 多布施川は桜の名所。川沿いには3000本の桜が植えられ、春には満開の桜のトンネルが約6.5?も続く。「さが桜マラソン」ではゴール前5?のがんばりどころのポイント。桜の季節以外でも、川沿いの緑と川面がつくる四季折々ののどかな風景を楽しめる。上流にある石井樋公園には遊歩道や芝生の広場が整備され、遠く山を眺めながら、緑いっぱいの公園内で気持ちよく走れる。

    ロード

    • 大川内山は、伊万里鍋島焼の藩窯があった山。鍋島染付、鍋島青磁などは鍋島藩が厳しく管理した門外不出の傑作。秘境の窯や陶工の家などが再現された「鍋島藩窯公園」もある。コースは田園風景を眺めながらひたすら上る。往路は山に近づくほど傾斜がきつくなり、追い込んだ練習をしたいときに最適。静かな焼き物の里の雰囲気を感じながら復路はゆっくりランもいい。「風鈴まつり」の時期には涼し気な音色にもいやされる。

    ロード

    • 牛津川のそばに広がる牛津総合公園には、脚にやさしいゴムチップ舗装のランニング、ウォーキングコースがある。平坦な1?のコースには距離表示もあり、ゆっくりジョグのほか、スピードトレーニング、インターバル、ペース走などいろいろな練習に利用しやすい。芝生広場を使って気分転換しながら走るのもいい。隣接して温泉施設があり、トレーニング後に汗を流すことができる。ヌルヌルした美肌の湯はおすすめ!

    ロード

    • 佐賀城跡を取り囲むようにつくられた堀には公園遊歩コースがあり、城址の石垣を眺めながらランニングするのも気持ちいい。春には満開の桜の下を走ることができる。距離はコースの選択次第で、時間やコンディションに合わせて自在に変えられる。園内には佐賀城本丸歴史館、博物館などもありラン後の散策も楽しい。近くには「さがレトロ館」など食事やお土産選びにぴったりの場所もたくさん。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    深い渓谷を望む竜門ダム周回コース(有田町)

    佐賀県(西松浦郡有田町)

    • 清流と深い渓谷が幽玄な景色を織りなす竜門峡。その入り口にある竜門ダム周囲を走る。1周約3kmの周回道路は、多少のアップダウンはあるもののなだらかな坂道。春は桜のトンネルの下、夏は青葉が茂る木陰、秋は紅葉の中を、森林浴さながら気持ちよくトレーニングできる。竜門峡は名水の里としても知られ、コース途中にはおいしい湧水を飲める場所も。静かなダム湖面と緑と清水に癒されながら走ればリフレッシュ効果抜群!

    ロード

    • 旧国鉄佐賀線の跡地に整備された約5?の徐福サイクルロードを往復するコース。ところどころに旧国鉄の駅舎やレール、枕木が残る風情はレトロ感満載だ。おすすめの季節は春!桜のトンネルがランナーを迎えてくれる。夏も桜並木がつくる緑陰の中を、気持ちよく走れる。コースはほぼフラットでカーブもゆるく走りやすい。スタート地点にある赤い昇開橋(しょうかいきょう)も観光スポット。近くには人気ラーメン店やご当地グルメ「三重津海軍ドッグ」もあり。

    ロード

  1. 1
  2. 2

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP