検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    三重県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
並び替え
件数:
27
  • 志摩・浜島コース

    三重県(志摩市)

    • 志摩の浜島の海岸を走るコースです。 太平洋の荒々しい海とリアス式海岸を眺め、コース後半はアップダウンありと変化に富んだコースです。 夕方に走ると日没が美しく、夜はビン玉ロードもおすすめです。

    ロード 周回 起伏がある 信号機が少ない

  • 伊坂ダム周回コース

    三重県(四日市市)

    • アップダウンを繰り返すなかなかの難易度の3.5km。

    ロード 周回 起伏がある 信号機が少ない 緑が多い 景色がきれい

    • つづら折りの山道をひたすら上り、上り切ったごほうびは多度山上公園からの見事な景色。展望台からは木曽三川、濃尾平野、木曽の山並み、さらに名古屋市街地、知多半島まで望める。いくつかルートがあるので時間や走力に合わせて選ぶこともできる。日陰が多く真夏の直射日光を避けることができ、また冬の積雪もほとんどない。1年を通して気持ちよくトレーニングができるうれしいコース。

    ロード

    • 自然に囲まれたいなべ公園から2つの池を周回する。コースは舗装されており2m~4mの幅員があって走りやすい。アップダウンあり未舗装路ありで、その日のコンディションや気分に合わせて自在にコース設定ができる。四季の移ろいを感じられるうえ、木陰も多いので夏ランには最高だ。約7.3haにも及ぶ広々とした敷地には、五重の塔シンボルタワーがあり、そこからの眺めは鈴鹿の山々とその麓に広がる街並みまで見渡せる。

    ロード

    • 木曽川、長良川、揖斐川を総称して木曽三川。気持ちのよい川風を感じながら走り、国の重要文化財・六華苑(ろっかえん)も通る、桑名駅からの5?コース。六華苑は二代目諸戸清六の邸宅で、鹿鳴館を設計したイギリス人建築家ジョサイア・コンドル設計による。四季折々の風情が美しい庭園は名勝にも指定されている。ほぼフラットな木曽三川沿いランを楽しんだら、美しい庭園と贅を尽くした大正時代の建築を見学してみては?

    ロード

    • サイクリングコースとウォーキングコースが整備された伊坂ダムサイクルパーク。1周3.6kmの湖畔は春の桜、秋の紅葉などで彩られ、四季折々の景色を楽しみながら飽きずに走れる。スタート地点から400m続く直線ではスピード練習、途中の坂道で上りダッシュなど、コースの起伏を利用したトレーニングが可能。走力アップが期待できるとランナーにも人気のランスポットだ。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンコース(菰野町)

    三重県(三重郡菰野町)

    • 坂のきつさと地元応援の暖かさで人気の「かもしかハーフマラソン」。鈴鹿山脈の高峰「御在所岳」を見ながらゆるやかに上り、コース中盤、2kmほど続く上り坂が最大の難所。アップダウンはきついが新緑や紅葉の景色は美しい。爽快感あふれる楽しいコースのため、トレーニングに利用する地元ランナーも多い。スタート・ゴール地点から車で5分ほどの場所にリゾート温泉施設があり、ラン後のリフレッシュに利用できる。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    激坂を極める!鈴鹿スカイラインコース(菰野町)

    三重県(三重郡菰野町)

    • 三重郡菰野町の湯の山温泉と滋賀県甲賀市をむすぶ鈴鹿スカイラインは、四季を通して風光明媚なドライブウェイ。6~8%の勾配もあるワインディングロードは激坂好きにはぴったりのトレーニングコースだ。行きは10kmをひたすら登坂し、下りは伊勢湾を一望できる道を下る。冬期のランニングも可能。起点には、源泉掛け流し「美人の湯」として知られる片岡温泉がおすすめだ。

    ロード

    • 迫力ある工場群として、愛好家にとっては聖地の四日市コンビナート。その対岸から、ずらりと並ぶ工場群と海を眺めながら海風の中を気持ちよく走る。波間を飛び跳ねる魚、それを狙う海鵜などのんびりとした風景にも癒される。照明が少ないので夜間は走りにくいが、緑豊かな霞ヶ浦緑地もあるので、夕方ランのあとで対岸の夜景を楽しむのがおすすめ。幻想的な光に包まれる工場群の夜景は必見!

    ロード

    • 鎌ヶ岳の山麓に広がる水沢(すいざわ)地区は伊勢茶の名産地として有名。4月には黄緑色の茶葉の波が一面に広がり、春は新緑、秋には紅葉と四季折々の表情が楽しめる。茶畑を見渡せるコースには適度な起伏があり、さまざまなトレーニングが可能。ラン後は羊や牛、エミュー、ポニー、ミニ豚などもいる「ふれあい牧場」へ。おいしいソフトクリームを食べながら、展望台から鈴鹿山麓や伊勢湾を眺めてリラックス。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    鈴鹿青少年の森公園トリムコース(鈴鹿市)

    三重県(鈴鹿市)

    • 自然豊かな鈴鹿青少年の森公園は、中央広場、多目的グラウンド、キャンプ場などが整備された人気の公園。1.5?と2.4?のトリムコースがあり、中学校の陸上部もクロカン練習に利用している。少し負荷を掛けたトレーニングをしたときは最適のコース。春の桜やミモザ、初夏のアジサイ、秋の紅葉など四季の彩も目を楽しませてくれる。隣には鈴鹿サーキットがあるので、ラン後には家族といっしょに、遊園地「モートピア」で遊ぶのもいい。

    ロード

    • 伊勢湾に面した千代崎海岸海水浴場は、波が穏やかで人気の海水浴場。伊勢湾の波音と聞き、爽やかな潮風に吹かれながらのトレーニングは足腰を鍛えるのに最高だ。干潮時には砂浜を走って脚の筋力アップを狙うもよし、満潮時には堤防舗装路で長めの距離を走りスタミナアップを目指すのもよし。目的に合わせて練習できる。近鉄名古屋線の千代崎駅から徒歩5分というアクセスの良さもうれしい。

    ロード

    • 52haもの広さがある上野森林公園。四季折々の草花、樹木の色づきを楽しめるように多数の遊歩道が設けられており、園路はチップ道、芝生、木の八橋などバラエティに富んでいる。距離走はもちろん、起伏のあるコースでクロカン練習などいろいろなトレーニングができるため、一般ランナーだけでなく地元の高校駅伝強豪校もこの公園で練習しているとか。園内にはあずまやが点在しており、適度に休憩できる。

    ロード

    • 「ゆめぽりす」は、伊賀市と市民が連携して住民自治活動を支援する施設「ゆめぽりすセンター」を中心に、工場や住宅地、各種施設や公園などが集まった区画。街全体を囲む道路4?を周回する。1月末に開かれる伊賀地区駅伝のコースの一部にもなっており、開催1カ月前からは試走用に距離表示が設置される。新しく作られた街だけに、道路は歩道が広く走りやすいうえ、街灯も多く明るい。夜ランも可能。

    ロード

    • 雲出川と伊勢湾に面した三角州・香良洲(からす)町を一巡りする。堤防沿いにビーチを眺め、漁港を通り、川の土手の未舗装道を走るなど変化にとんだコースだ。交通量は少なくほぼ平坦。河口からの距離表示もあるので距離走、ペース走などのトレーニングにも利用できる。香良洲海岸には白砂青松の美しい浜辺が2kmほど続き、潮干狩り、海水浴場としても人気。ゴール後は老松の風情を生かした香良洲公園内でクールダウン。

    ロード

    • ブラックバス釣りのメッカとしても知られる青蓮寺湖は、周囲を山に囲まれた風光明媚な場所。桜や紅葉が湖面に映える美しい湖畔は「名張青蓮寺駅伝」のコースにもなっており、適度なアップダウンを楽しめる。赤い弁天橋を渡りながら眺める景色は格別。ラン後は湖畔の香落渓(かおちだに)温泉で山並みを眺めながら露天風呂がおすすめ。天候に左右されずに楽しめる「青蓮寺観光村」で果物狩りもできる。

    ロード

    • かつて伊賀忍者の修行の場で、山岳信仰の聖地でもあった赤目四十八滝は、車谷長吉の直木賞小説「赤目四十八瀧心中未遂」の舞台で、映画化の際にはロケが行われた場所。近鉄大阪線赤目口駅をスタートしてロードを走ること約2kmで極楽寺に。ここから「赤目四十八滝ハイキングコース」という未舗装区間になり、折り返し地点の赤目温泉までトレイルランが楽しめる。せっかくなので入山料をはらって赤目四十八滝沢歩きもおすすめ。

    ロード

    • 名古屋市の熱田神宮西門前をスタートし、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前までの106.8?を競う全日本大学駅伝。その8区といえば最長19.7kmの最終区。下りが続いた後、15km過ぎから伊勢神宮内宮手前まで急激なアップダウンがある。このエース区間の一部を堪能しつつ、伊勢神宮内宮を目指して走る。ラン後は内宮参拝へ。最高のパワースポットで健脚を祈願すれば、走力アップのご利益があるかも。

    ロード

    • 芝生広場、総合体育館、流水プール、サイクリングロードなどの施設がある中部台運動公園。なかでも1400mと1900mの2つのトリムコースはジョギング、スピード練習、インターバルなどのトレーニングに最適だ。スタート地点は「四季の道」と名付けられているとおり、桜やアジサイ、紅葉、椿など季節の草木が美しく彩る。とくに夏場は木陰になるので、森林浴さながらで気持ちいい。

    ロード

    • 二見浦は、かつては伊勢神宮の参拝客が参拝の前に身を清めた場所。JR二見浦駅をスタートしてまず向かうのは二見興玉神社。縁結び、夫婦円満のご利益があるとされる神社を参拝し、海に浮かぶ名勝夫婦岩を拝んだら海岸線を走りたい。ここは「日本のなぎさ100撰」に選ばれている海岸。堤防を走りながら受ける伊勢湾からの潮風も心地いい。海沿いの松林など昔からの風情が残る景色を楽しみながら、ほぼ平坦なコースが続く。

    ロード

  1. 1
  2. 2

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP