検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    静岡県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
並び替え
件数:
30
  • 南伊豆・弓ヶ浜砂浜コース

    静岡県(賀茂郡南伊豆町)

    • 日本の渚100選の弓ヶ浜。 美しい海岸を目当てに多くの観光客の来る場所です。 弧を描いている砂浜は片道約1km、往復すれば2km。 観光で来てランニングの準備のない方も、早朝、裸足で砂浜走れば、足腰強化、前日のアルコールも抜けます。

    往復 景色がきれい

    • 月刊ランナーズにも投稿となった静岡市内自慢の坂。全長3.1kmは細かなアップダウンとともに、徳願寺を通過するといきなりの急坂はボディーブローのように効きます。フィニッシュ地点の円山花木園は眼下に静岡市内を一望でき、遠くには富士山や伊豆半島も望めますよ。

    ロード 片道 起伏がある 信号機が少ない 緑が多い 景色がきれい

  • 松川湖(奥野ダム)周回

    静岡県(伊東市)

    • 1周4.8kmほど。景観のいい遊歩道には季節の花が咲き、適度なアップダウンがあり走りやすいです。

    ロード 周回 起伏がある 信号機が少ない 緑が多い 景色がきれい

    • 富士登山駅伝といえば、御殿場市陸上競技場から富士山山頂まで約47kmを6人、11区間で往復する大会。その一部を走って少しばかり体感してみようというコース。かつてのスタート地点、JR御殿場線御殿場駅から富士山の5合目、太郎坊まで、富士山スカイライン(県道23号線)を走る。標高差は964m。もちろん往路はひたすら上りで復路は下り。この大会で最多優勝している滝ケ原自衛隊もコースの途中に通る。富士山は遠くから眺めるだけでなく懐に飛び込んで格闘してみたい。

    ロード

    • 40回以上の歴史のある「富士裾野高原マラソン」コースの一部を走る。裾野市運動公園をスタートし、富士山に向かってまっすぐ、5?先を折り返して往復10?。折り返し点を変えたり、ゴールの裾野市運動公園内をさらに走って距離も調整できる。この公園は陸上競技場などの運動施設のほか、芝生の丘や広場があり、クーリングダウンにも気持ちよく利用できる。走った後はコース途中にある梅の名所「裾野市梅の里」に隣接する日帰り温泉「ヘルシーパーク裾野」へ。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    大井川上流の渓谷を走る!接岨峡温泉コース(川根本町)

    静岡県(榛原郡川根本町)

    • 大井川上流の渓谷、接岨峡を走る。南アルプスあぷとラインの接岨峡温泉駅をスタートし長島ダムを目指す。片道5km弱の距離ながら最大標高差194mでアップダウンの激しいコース。ダム湖と豊かな自然と茶畑が広がる里山の景色を楽しめる。往復してもいいし、長島ダム駅から電車に乗って戻っても(70分に1本)。南アルプスあぷとラインは日本一の急勾配があり、日本で唯一アプト式電車(急坂を上るための鉄道)に乗れる。途中の「奥大井湖上駅」からの絶景も見ておこう。

    ロード

    • JR東海道線三島駅をスタート。まずは三嶋大社に参拝。かつて伊豆に流された源頼朝が、源氏再興を祈願し果たしたことから「旗あげの神様」といわれている。参拝が終わったら一路、伊豆半島で最も歴史のある修善寺温泉へ向かう。三島から修善寺までは伊豆箱根鉄道駿豆線で40分弱。ランニングコースは、ほぼこの沿線を走るので、疲れたときは途中から電車に乗ることも。18km地点から上りになるが、ゴールで温泉が待っている!

    ロード

    • JR沼津駅をスタートして、沼津城址のある中央公園を通り抜けると狩野川に出る。狩野川は伊豆半島の最高峰、天城山を源流とする一級河川で、鮎の友釣りやアマゴ釣りが有名。この川の左岸に整備されたランニングコースを上流に向かって走る。ほぼフラットで、左手に富士山を見ながらのんびり走れる。駅から往復で10.4km。狩野川沿いにある中央公園には、Nステと呼ばれる更衣室とシャワー完備の施設もあり、こちらを利用するのも便利。

    ロード

    • JR東海道線沼津駅から、東海道随一の景勝地「千本松原」を有する千本浜公園まで走る往復8kmのコース。千本松原は沼津市の狩野川河口から、富士市の田子の浦港まで約10km駿河湾に沿って続いている松原。松林越しに見える富士山の景色が素晴らしく、昔から多くの文人たちが訪れた場所。そんな景色を眺めながら駿河湾沿いの堤防を走ったり、松林の中を走ることができる。しっかり走ってお腹がすいたら、沼津港へ!食堂街で新鮮な魚介類を味わうことができる。

    ロード

    • 長嶋茂雄氏が現役のプロ野球選手だった時代、昭和42~48年の冬の合宿に、伊豆の国市の大仁に滞在し、自主トレーニングとしてランニングをしていたといわれているコース。お気に入りの城山(じょうやま)登山のため、狩野川河川敷を走っていたのだとか。伊豆箱根鉄道駿豆線の大仁駅をスタート後、大仁橋、神島橋、そして城山の手前まで走って折り返す。元気があれば、ロッククライミングの聖地、城山に登るのもおすすめ。狩野川沿いのロケーションも抜群のコース。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    頂上からの絶景を堪能!日本平激坂コース(静岡市)

    静岡県(静岡市葵区)

    • 「日本平」は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、このあたりで賊を平定した後、頂上に登って四方を眺めたところからこの名がついたといわれている。ここでは、清水日本平運動公園をスタート後、日本平の山頂に上って下りてくる往復コースを紹介する。片道4.7kmの間に237mほど上る往路は「箱根駅伝5区のシミュレーション」とも呼ばれるタフなコースだが、山頂からは富士山や伊豆半島を駿河湾越しに見渡せ、日本武尊が見たであろう素晴らしい景色が堪能できる。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    白砂青松と富士山!三保松原、神の道コース(静岡市)

    静岡県(静岡市葵区)

    • 三保松原は、歌川広重の浮世絵などでもおなじみ。7kmほどの海岸にわたって約3万本の松が生い茂り、海と富士山が織りなす風景は、富士山の代表的な展望地点として世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録されている。この三保松原をはじめ三保の灯台、参道が「神の道」と呼ばれパワースポットとして人気の御穂神社などを走ってめぐる観光ランコース。羽衣伝説が伝わる「羽衣の松」も見ておきたい。内海、外海を走る見どころ満載のコース。

    ロード

    • 東伊豆の観光地、伊東から城ケ崎海岸までの24.4kmを走る。いずれも伊豆急行線の主要駅で、途中駅の南伊東、川奈、富戸も通るコースながら、線路に沿って走るわけではなく、前半は主に海岸線を相模湾を見ながら、川奈を過ぎてからは、内陸に入って一碧湖近くを走り、また城ケ崎海岸で海に出てる、というように、よりいっそう気持ちの良い景色を堪能できるコース。途中、急なアップダウンもあるが、冬でも暖かく走りやすい。疲れたところで電車利用ができるのも便利。

    ロード

    • 静岡市に来たら、まずは駿府城跡へ。徳川家康公が居城として築いた城のお堀外周を走って、このあたりで最も古い静岡浅間神社を参拝しよう。この浅間神社周辺には、賤機山古墳などの史跡や観光ポイントも多い。浅間神社の参道を進み鳥居をくぐって長谷通り、北街道、きよみずさん通り…と、駿府城まわりの主要道路を進み、清水山古墳のある清水公園などを通過して静岡駅に戻る。駿府城跡公園では外周だけでなく、中に入っても、広くて走りやすい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    安倍川源流を目指せ!奥静ロングコース(静岡市)

    静岡県(静岡市葵区)

    • 静岡市街を縦に貫く安倍川は、安倍山中から流れ出て50kmあまりで駿河湾に注ぐ急流河川。静岡駅からこの川の源流に向かって安倍街道をひた走る「奥静(静岡駅より北の奥のこと)」コース。全体的に緩やかに上っていくが、ラスト4kmで急坂になる。ここで頑張れば間もなくゴール地点、安倍奥の秘境「梅ヶ島温泉」に到着。ここはもう南アルプスの麓。片道45.5kmの超ロング走コース。日帰り温泉の「黄金の湯」で汗を流したら、帰りはバスがあるのでご安心を!

    ロード

    • 東海道名物「安倍川餅」で有名な安倍川の河川敷を走る。静岡大橋をスタートして駿河湾まで出ると、富士山が見えるはず!今度は太平洋の大海原を右手に見ながら、海岸沿いの自転車道を久能海岸まで走る。並行する国道は静岡マラソンのコース。途中、駿河湾の向こうに伊豆半島も見えるなど景色も最高。折り返し地点の久能山の石段は侮れない。せっかくなので、家康公の祭られる東照宮を参拝してから復路へ向おう。往復22km、久能山以外は平坦で走りやすいコース。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    用宗(もちむね)漁港・しらすランコース(静岡市)

    静岡県(静岡市葵区)

    • しらすの漁獲高が多いことで有名な静岡市の用宗(もちむね)漁港。ここからほど近い、広野海岸公園をスタートして、駿河湾の海岸沿いを西に向かう。漁港を過ぎて、間もなく海の上にせり出した石部海上橋が現れる。橋の上からは富士山も見え、まるで海の上を走るような気分が味わえる。ここは初日の出スポットとしても有名で、元旦に走る地元ランナーも多い。「石部」を折り返して往復8.4?。戻ってきたら用宗漁港ではしらす丼をぜひ召し上がれ!

    ロード

    • 西伊豆最古で最大の温泉地、土肥から洞窟めぐりが人気の堂ヶ島に向かって海岸沿いを走って南下する約21?。途中、恋人岬や達磨寺など観光ポイントも多い。駿河湾越しの富士山、南アルプス連峰が望める景色も最高。海に夕日が沈む光景は日本一と言われているエリアなので、夕日の沈む時間に合わせて走ってみたい。堂ヶ島から土肥温泉までは路線バスを利用できる。温泉はゴール地点の堂ヶ島でも、スタート地点に戻って土肥でもどうぞ。駿河湾の海の幸も楽しみたい。

    ロード

    • 藤枝市のほぼ中央に位置する蓮華寺池公園は、緑が多く桜、藤、菖蒲、蓮…と四季折々の花々を楽しめる、市民の憩いの場所。ランドマークとなる蓮華寺池は、江戸時代初期に灌漑用としてつくられた池で、今ではボートが浮かび、季節によっては蓮の花が目を楽しませてくれる。この池の周囲を走る1.5kmコースは、ほぼ平坦で走りやすい。園内西部の丘陵地には、県の史跡「若王子古墳群(にゃくおうじこふんぐん)」もあるので、この機会にぜひ見学したい。

    ロード

    • JR東海道線島田駅からほど近い横井運動場公園を起点に、大井川沿いに整備された、日本初の河川敷マラソンコース「リバティ」を往復で10km走る。「リバティ」には、一定区間ごとにステーション(トイレ、あずまや、水飲み場、ベンチ)が配置され、500mごとに距離表示もあって走りやすい。人気大会「島田大井川マラソンinリバティ」のコースの一部でもある。途中くぐる「蓬莱橋」は世界最長の木の橋で、映画やドラマのロケにもよく使われている撮影スポット。

    ロード

  1. 1
  2. 2

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP