検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    富山県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
並び替え
件数:
27
  • 走ろうにっぽん

    海トレ山トレを一度に!ヒスイ海岸・城山コース(朝日町)

    富山県(下新川郡朝日町)

    • ヒスイの原石が流れ着くことで知られる美しいヒスイ海岸。往路は右には険しい山並みが続き、対照的な風景を眺めながら海岸線を走る。夏には、水平線に沈む夕陽を眺めながらのサンセットランもおすすめ。城山に上る道は厳しいが、上った先の山頂からは富山湾と能登半島を一望する絶景!平坦な海岸線で走り込み、城山へのアップダウンを使って体幹を鍛える組み合わせで飽きずに走れる。ラン後は地元名物の「タラ汁」をぜひ!

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    一面のチューリップ!フラワーロードコース(入善町)

    富山県(下新川郡入善町)

    • 日本一のチューリップの産地、富山県。入善町中央公園そばの田んぼにはたくさんのチューリップが植えられ、「にゅうぜんフラワーロード」と呼ばれる観光スポットになっている。4月に入ると色鮮やかな花の絨毯がお目見え。青空と立山連峰の白と赤いチューリップのコントラストが美しい。春のこの時期にフラットな道を、色とりどりのチューリップを眺めてのんびりと走りたい1.4kmの周回コース。

    ロード

    • 清らかな湧水が豊富な生地(いくじ)では、湧水のことを清水(しょうず)と呼び、飲み水、炊事、洗濯などに利用している。町を走っていると、夏でも冷たくておいしい湧水ポイントがたくさんあり、町の風情とともに楽しめる。コースはほぼ平坦。「黒部名水マラソン」のコースと重なり、海沿いでは富山湾と北アルプス連峰の大パノラマを眺めながら走れる。名水を使った特産品を楽しみながら、ゆっくりジョグで町を満喫。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    峡谷と清流と温泉!宇奈月温泉コース(黒部市)

    富山県(黒部市)

    • 広々と開けた黒部川扇状地の田園地帯を走り抜け、見えてくるのが赤いアーチの愛本橋。山の緑と青空に映える橋を渡れば、ゆっくりと黒部峡谷の山々が間近に迫ってくるような感覚に!夏の濃い緑、秋の紅葉は絶景だ。コース全体が上り基調で途中にはキツイ坂もあるが、眼下に黒部川の清流を眺めながら気持ちよく走れる。坂道トレーニングでじっくりと鍛えたいときにおすすめ。宇奈月温泉街では足湯や温泉で疲れを癒そう。

    ロード

    • 「日本の渚100選」に選ばれている雨晴(あまはらし)海岸。荒々しい岩礁と白浜青松、海岸から立山連峰が迫るようにそびえる景色は壮観!海越しに3000m級の山を望む景色は世界でもここだけとか。海岸沿いには源義経が雨の晴れるのを待ったといわれる「義経岩」など観光スポットもある。コースはほぼフラットだが折り返し地点ではアップダウンを利用して上りトレーニングも。見事な景色を見ながら走れば、20㎞近い距離も短く感じるはず!

    ロード

    • 遠く能登半島を望み、立山連峰の大パノラマが織りなす山の景色も楽しめる魚津の海岸。3月下旬から6月上旬ごろにかけては蜃気楼が見える絶景ポイントで、条件がそろえば出合えるチャンスも!ほぼ平坦な堤防沿いを、景色を眺めながら蜃気楼との出合いを願って走ろう。コース上の諏訪神社は、たくさんの提灯をつりさげた万燈を曳き回す「たてもん祭り」が行われることでも有名。夏祭りでにぎわう時期も楽しい。

    ロード

    • 河川敷のサイクリングロードを走る。川沿いの道は単調だが、フラットな直線コースで走りやすく、ジョギング、LSD、ペース走などいろいろな練習ができる。舗装されたサイクリングロードは信号機も無いため、直線コースで集中力を養える。河川に降りる高低差の坂を利用してトルクをつける練習にも。河川敷は風が強いが、逆手にとって向かい風の練習にもおすすめだ。

    ロード

    • 万葉の歌人「大伴家持」が多くの歌を残したことでも知られる二上(ふたがみ)山。そのドライブコースを走る。住宅街を抜けると、上りが続く山道へ。住宅地からのアクセスが良く、坂道練習にぴったりのコースは地元ランナーにも人気。道沿いには仏舎利塔、平和の鐘、守山城の本丸跡などがあり、上った先の展望台からは立山連峰や富山湾のパノラマを一望できる。トレイルコースもあるので、さわやかな空気の中を駆けめぐるのも楽しい。

    ロード

    • 橋を渡り、海沿いの景色を眺めながら走る富山湾満喫コース。平坦で走りやすく、ジョギングにちょうどいい。海王丸パークには商船学校の練習船として誕生した帆船海王丸が停泊し、白い帆が海に映えて美しい。新湊大橋は全長3.6km、日本海と立山連峰を望み、海王丸を上から眺められる。日常の練習では歩行者通路を通るが、富山マラソンでは車道を走ることができ、大会の目玉にもなっている。

    ロード

    • 滑川市は16世紀初頭より、北国街道加賀藩の宿場町。人の往来や物資の流通で賑わった宿場を回廊するコース。海沿いの道では日本海を眺め、宿場回廊付近では風情のある町並みを走る。ほたるいかミュージアムの海側は「恋仲」のロケ地になったところ。「滑川ほたるいかマラソン」のハーフコースの一部でもあり、ほぼ平坦なので、手軽な観光ランにぴったりだ。

    ロード

    • 「滑川ほたるいかマラソン」のメイン会場となっているスポーツ・健康の森公園。いくつかのランニングコースが設定されており、最長は1kmコース。四季折々の花が咲き、雄大な立山連峰を望む景色も美しい。400mのタータントラックでスピード練習を行う地元のランニングクラブも多い。周回コースでジョグ、トラックでスピード練習、芝生でクールダウンジョグなどさまざまなトレーニングができる。

    ロード

    • 運河沿いと人気スポットを回る観光ランコース。北前船が発着する港町として栄えた岩瀬地区は、廻船問屋が並んでいた頃の風情を残すレトロ感あふれる町。常夜灯を模した展望台からは、古い町並みと富山湾、立山連峰までを一望でき、通りに入ると廻船問屋「森家」、森家土蔵群などが並び、当時の豪商の財力と繁栄を感じることができる。大塚屋の「三角どら焼き」、七福亭の「飛び団子」などは、一休みにぴったり。

    ロード

    • 富岩運河環水公園は、水辺に広がる緑いっぱいの公園。ここを拠点に、運河沿いを周回するフラットコース。「富山あいの風リレーマラソン」のコースにもなっている。公園内の天門橋には南塔と北塔を結ぶ「赤い糸電話」があり、ここは愛の告白スポット。展望台から見える立山連峰も美しい。春の花見ラン、季節ごとのライトアップが楽しめるナイトランもおすすめ。仕事で訪れた県外ランナーも走る人気コース。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    大岩山日石寺で滝行体験とそうめんを楽しむコース(上市町)

    富山県(中新川郡上市町)

    • 立山連峰の裾野にある大岩山日石寺。境内には本尊の不動明王、石仏、三十の塔などがある。町中から日石寺へのコースは上り基調のアップダウン。後半につれて上りが厳しくなるので精神力と脚力をきたえるには最適。境内にある六本滝では滝行体験も。滝身を清めてマイナスイオンをたっぷりと浴びたら、門前町で名物のそうめんを堪能。富山の名水で作った冷たいそうめんの味は、夏ラン後の身体にしみわたる!

    ロード

    • 富山県の置県100年を記念して設けられた、緑と水が豊かな公園。池のほとりや芝生の広場、日差しを遮る木々の中を気持ちよく走れる。ほどよいアップダウンがあり、目標に合わせてしっかりトレーニングできる周回コース。春はサクラ、梅雨の季節はアジサイなど、季節ごとの花々を愛でながら走れるのもうれしい。園内には各種スポーツ施設のほか、バーベキュー広場も設置されているので、練習会の後のバーベキューも◎!

    ロード

    • 富山市中心部を走る平坦コース。富山城址公園には四季折々の趣のある風景があるが、満開の桜と天守閣を見ながらお堀端を走るのは格別だ。いたち川は、宮本輝の小説「蛍川」の舞台となった場所。立山の雪解け水が湧き出る「延命地蔵の水」はスタートから2.5㎞の地点。「平成の名水100選」にも選ばれている万病に効くといわれる霊水で、のどをうるおしパワーアップ!

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    立山連峰の清流・常願寺川公園コース(立山町)

    富山県(中新川郡立山町)

    • 立山連峰を水源に、富山湾にそそぐ常願寺川。その河川敷に整備された常願寺川公園は、サッカーや野球などの専用グラウンド、芝生広場のほかサイクリングロードもある市民の憩いの場だ。川沿いの専用コースは直線約2㎞。100mごとに距離表示もあり、スピード練習、インターバル、ペース走などいろいろな練習に活用できる。コース両側には木々が植えられ、木陰の下で春には桜、秋には紅葉を眺めながら走るのは気持ちがいい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    古洞(ふるどう)の森トレイルコース(富山市)

    富山県(富山市)

    • 古洞(ふるどう)池周囲を走る自然満喫トレイルコース。木々の間を吹く風と木漏れ日を感じ、野鳥の声を聴きながら走る。アップダウンの続く道なので走りごたえもたっぷり。木陰が多く、夏場の日中のランも心地いい。途中には古洞ダムを一望できるポイントや、国内最大級の天体望遠鏡のある富山市展望台もある。星好き、宇宙好きは立ち寄ってみるのもおすすめ。近くに温泉施設もあるので、ラン後は汗を流してリフレッシュ。

    ロード

    • 陸上競技場や芝生スポーツ広場、トレーニングルームなどが完備された総合運動公園。地元ランナーのメッカでもあり、トラックや芝、周囲2.1㎞のクロスカントリーコースを使ってさまざまなトレーニングができる。クロカンコースは500mごとに距離表示あり。脚にやさしい路面で走りやすいので、ペース走、ロング走、インターバル、疲労抜きのジョグなど、目的に合わせて利用できる。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    落差日本一!称名滝を目指す山坂コース(立山町)

    富山県(中新川郡立山町)

    • 350mの高さから一気に流れ落ちる!その落差は日本一の称名(しょうみょう)滝。川沿いに滝を目指す道はかなりの激坂。最大斜度は13%ほどあり、強めの練習をしたいときに最適だ。称名滝に着いたらぜひその迫力を間近に!立山連峰の雪解け水が流れる時期は2つの滝に、さらに水量が増すと3つの滝が現れることもあり、その姿を見ることができたらラッキー。折り返せば復路はほぼ下り。トータルで峠走練習になる。

    ロード

  1. 1
  2. 2

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP