検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    富山県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
件数:
34

お子様やベビーカーが必要な乳幼児でも参加しやすいコースです。家族で高台の朝日山公園から氷見のまちを一望しながら、ゆったりとウオーキングを楽しむことができます。途中に遊具広場もあるので、遊び盛りのお子様にもぴったりなコースです。

未評価

起伏がある 緑が多い 景色がきれい

氷見を一望できる朝日山公園の広場を抜けて、氷見市出身の藤子不二雄Aさんが描く漫画キャラクターモニュメントが並ぶまんがロードを通りぬけ、氷見の特産品が集まるひみ番屋街まで行き、戻ってくるコースです。短いコースながらも氷見のまち中を堪能できるコースになっています。

未評価

緑が多い 景色がきれい

スタートから国道160号線沿いを歩き、東と南を断崖絶壁で海に囲まれた阿尾城跡を目指します。途中、細い路地から抜けて見える海が印象的なコースです。また、阿尾城跡を通過後、沖に見える唐島を眺めながらのウオーキングとなります。コース終盤は氷見市出身の藤子不二雄Aさんが描く漫画キャラクターモニュメントが並ぶまんがロードとなっており、藤子ワールドを満喫できるコースになっています。

未評価

景色がきれい

スタートから北に進み、山の上にあるぶどう畑を目指します。途中急な坂道がありますが、それを乗り越えた時には、氷見を一望できるスポットが待っています。ぶどう畑を過ぎたら森林の中を歩きます。静かで心休まるウオーキングが楽しめるコースとなっています。そして、山を下ったあとは、のどかな田んぼ道や細い路地から抜けて見える海が疲れをいやしてくれます。

未評価

起伏がある 緑が多い 景色がきれい

富山県二級河川指定である市内最長の上庄川沿いを歩き、漁師町や穏やかな川の風景を堪能しながらウオーキングができます。途中、比美乃江大橋を渡り、沖にある唐島を望むこともでき、市街地の風景を満喫できるコースになっています。コース後半は、氷見市出身の藤子不二雄Aさんが描く漫画キャラクターモニュメントが並ぶまんがロードを巡り、藤子ワールドを堪能できコースです。

未評価

緑が多い 景色がきれい

古くから潟が多い氷見市において、公園として整備された十二町潟水郷公園の風景を楽しみながら、日本海側の前方後方墳としては最大規模を誇る柳田布尾山古墳や歩きたくなるみち500選に登録された「万葉の史跡と白砂青松の海岸を巡るみち」とおる美しい風景を眺めながらウオーキングできるコースとなっています。。

未評価

緑が多い 景色がきれい

歩きたくなるみち500選に登録された「万葉の史跡と白砂青松の海岸を巡るみち」をコースに含んでいます。また、日本海側の前方後方墳としては最大規模を誇る柳田布尾山古墳や氷見市出身である藤子不二雄Aさんが描く漫画キャラクターモニュメントが並ぶまんがロードを組み込んだ、氷見市を満喫できるコースとなっています。

未評価

緑が多い 景色がきれい

走ろうにっぽん

ヒスイの原石が流れ着くことで知られる美しいヒスイ海岸。往路は右には険しい山並みが続き、対照的な風景を眺めながら海岸線を走る。夏には、水平線に沈む夕陽を眺めながらのサンセットランもおすすめ。城山に上る道は厳しいが、上った先の山頂からは富山湾と能登半島を一望する絶景!平坦な海岸線で走り込み、城山へのアップダウンを使って体幹を鍛える組み合わせで飽きずに走れる。ラン後は地元名物の「タラ汁」をぜひ!

未評価

ロード

走ろうにっぽん

日本一のチューリップの産地、富山県。入善町中央公園そばの田んぼにはたくさんのチューリップが植えられ、「にゅうぜんフラワーロード」と呼ばれる観光スポットになっている。4月に入ると色鮮やかな花の絨毯がお目見え。青空と立山連峰の白と赤いチューリップのコントラストが美しい。春のこの時期にフラットな道を、色とりどりのチューリップを眺めてのんびりと走りたい1.4kmの周回コース。

未評価

ロード

清らかな湧水が豊富な生地(いくじ)では、湧水のことを清水(しょうず)と呼び、飲み水、炊事、洗濯などに利用している。町を走っていると、夏でも冷たくておいしい湧水ポイントがたくさんあり、町の風情とともに楽しめる。コースはほぼ平坦。「黒部名水マラソン」のコースと重なり、海沿いでは富山湾と北アルプス連峰の大パノラマを眺めながら走れる。名水を使った特産品を楽しみながら、ゆっくりジョグで町を満喫。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

広々と開けた黒部川扇状地の田園地帯を走り抜け、見えてくるのが赤いアーチの愛本橋。山の緑と青空に映える橋を渡れば、ゆっくりと黒部峡谷の山々が間近に迫ってくるような感覚に!夏の濃い緑、秋の紅葉は絶景だ。コース全体が上り基調で途中にはキツイ坂もあるが、眼下に黒部川の清流を眺めながら気持ちよく走れる。坂道トレーニングでじっくりと鍛えたいときにおすすめ。宇奈月温泉街では足湯や温泉で疲れを癒そう。

未評価

ロード

「日本の渚100選」に選ばれている雨晴(あまはらし)海岸。荒々しい岩礁と白浜青松、海岸から立山連峰が迫るようにそびえる景色は壮観!海越しに3000m級の山を望む景色は世界でもここだけとか。海岸沿いには源義経が雨の晴れるのを待ったといわれる「義経岩」など観光スポットもある。コースはほぼフラットだが折り返し地点ではアップダウンを利用して上りトレーニングも。見事な景色を見ながら走れば、20㎞近い距離も短く感じるはず!

未評価

ロード

遠く能登半島を望み、立山連峰の大パノラマが織りなす山の景色も楽しめる魚津の海岸。3月下旬から6月上旬ごろにかけては蜃気楼が見える絶景ポイントで、条件がそろえば出合えるチャンスも!ほぼ平坦な堤防沿いを、景色を眺めながら蜃気楼との出合いを願って走ろう。コース上の諏訪神社は、たくさんの提灯をつりさげた万燈を曳き回す「たてもん祭り」が行われることでも有名。夏祭りでにぎわう時期も楽しい。

未評価

ロード

河川敷のサイクリングロードを走る。川沿いの道は単調だが、フラットな直線コースで走りやすく、ジョギング、LSD、ペース走などいろいろな練習ができる。舗装されたサイクリングロードは信号機も無いため、直線コースで集中力を養える。河川に降りる高低差の坂を利用してトルクをつける練習にも。河川敷は風が強いが、逆手にとって向かい風の練習にもおすすめだ。

未評価

ロード

万葉の歌人「大伴家持」が多くの歌を残したことでも知られる二上(ふたがみ)山。そのドライブコースを走る。住宅街を抜けると、上りが続く山道へ。住宅地からのアクセスが良く、坂道練習にぴったりのコースは地元ランナーにも人気。道沿いには仏舎利塔、平和の鐘、守山城の本丸跡などがあり、上った先の展望台からは立山連峰や富山湾のパノラマを一望できる。トレイルコースもあるので、さわやかな空気の中を駆けめぐるのも楽しい。

未評価

ロード

橋を渡り、海沿いの景色を眺めながら走る富山湾満喫コース。平坦で走りやすく、ジョギングにちょうどいい。海王丸パークには商船学校の練習船として誕生した帆船海王丸が停泊し、白い帆が海に映えて美しい。新湊大橋は全長3.6km、日本海と立山連峰を望み、海王丸を上から眺められる。日常の練習では歩行者通路を通るが、富山マラソンでは車道を走ることができ、大会の目玉にもなっている。

未評価

ロード

滑川市は16世紀初頭より、北国街道加賀藩の宿場町。人の往来や物資の流通で賑わった宿場を回廊するコース。海沿いの道では日本海を眺め、宿場回廊付近では風情のある町並みを走る。ほたるいかミュージアムの海側は「恋仲」のロケ地になったところ。「滑川ほたるいかマラソン」のハーフコースの一部でもあり、ほぼ平坦なので、手軽な観光ランにぴったりだ。

未評価

ロード

「滑川ほたるいかマラソン」のメイン会場となっているスポーツ・健康の森公園。いくつかのランニングコースが設定されており、最長は1kmコース。四季折々の花が咲き、雄大な立山連峰を望む景色も美しい。400mのタータントラックでスピード練習を行う地元のランニングクラブも多い。周回コースでジョグ、トラックでスピード練習、芝生でクールダウンジョグなどさまざまなトレーニングができる。

未評価

ロード

運河沿いと人気スポットを回る観光ランコース。北前船が発着する港町として栄えた岩瀬地区は、廻船問屋が並んでいた頃の風情を残すレトロ感あふれる町。常夜灯を模した展望台からは、古い町並みと富山湾、立山連峰までを一望でき、通りに入ると廻船問屋「森家」、森家土蔵群などが並び、当時の豪商の財力と繁栄を感じることができる。大塚屋の「三角どら焼き」、七福亭の「飛び団子」などは、一休みにぴったり。

未評価

ロード

富岩運河環水公園は、水辺に広がる緑いっぱいの公園。ここを拠点に、運河沿いを周回するフラットコース。「富山あいの風リレーマラソン」のコースにもなっている。公園内の天門橋には南塔と北塔を結ぶ「赤い糸電話」があり、ここは愛の告白スポット。展望台から見える立山連峰も美しい。春の花見ラン、季節ごとのライトアップが楽しめるナイトランもおすすめ。仕事で訪れた県外ランナーも走る人気コース。

5

ロード