検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    栃木県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    走ろうにっぽんコース10撰
並び替え
件数:
10
    • 戦場ヶ原の入り口の赤沼から中禅寺湖の西側にある千手ヶ浜を目指す標高差190m、往復19kmのコース。赤沼県営駐車場から男体山を背にしてスタートする。このエリアは宇都宮市よりも10℃くらい気温が低く、木陰も多いので夏場は快適だ。山道を走り抜け眼前に現れる千手ヶ浜は、透明度の高い水の美しさを誇る。5月下旬から7月下旬に咲くクリンソウというピンク色の花が人気で、シーズンには多くの観光客が訪れる。走った後は、日光名物の蕎麦やゆばを楽しみたい。

    ロード

    • 日光国立公園内に位置する中禅寺湖は、日本一標高の高い場所にある自然湖。湖畔にある歌が浜の駐車場をスタートし、中禅寺湖を1周する約23km。細かな起伏のある湖畔のコースは、初夏はツツジ、秋は紅葉など、季節ごとの景観が楽しめる。トイレはいくつかあるが、給水と補給食は携帯して。千手ヶ浜から湖の南岸約12kmはハイキングコースを通るためハイカーに配慮をして走ろう。可能であれば泊りがけで、華厳ノ滝や日光東照宮、戦場ヶ原なども訪れてみては。

    ロード

    • 毎年10月に開催されている、国内最高峰の自転車ロードレース、ジャパンカップサイクルロードレースのコースの一部を走るチャレンジングな9.3km。中腹にある宇都宮森林公園をスタート後すぐに古賀志林道の急坂があり、1.3kmほどで最高地点に到達。そこからずっと下りが続き、田野町の交差点からまた5kmを上り続けて森林公園に戻る。コースのすべては上りか下りで平坦なところがない。ハードなトレーニングをしたいランナーはぜひ挑んでみては。

    ロード

    • JR宇都宮駅東口をスタートし、広々とした64号線の歩行者道を走る。宇都宮大学工学部に着いたら、周回して駅へと折り返す8.4km。大学の桜並木は、シーズン中は地元の花見客で賑わう。ほぼフラットなコースで、わかりやすいルート。初心者にも走りやすく、大学の周回数を増やすなどで距離の調整も可能。走り終えたら、餃子とビールで打ち上げだ。宇都宮駅周辺は餃子店が多数あり、なかには複数店舗が入るフードコートもあるので、好みのひと皿を見つけよう。

    5

    ロード

    • 東武宇都宮線の西川田駅から徒歩15分の距離にある栃木県総合運動公園。県内のランニングチームの練習会にもよく利用される。紹介しているコースは陸上競技場やサッカー場の外周路をまわる3.3km。このコースに限らず、施設内のロードを、距離に応じて複数コース取りができる。植栽が豊富で、春は桜、ツツジ、藤、水生植物園では水連や花菖蒲などが咲き、秋には紅葉も。敷地全体が季節感にあふれたおすすめのランニングスポット。注)公園内は工事実施中の箇所あり

    ロード

    • 90haの広大な敷地を持つ真岡井頭公園は「日本の都市公園100選」にも選定された緑豊かな公園。園内にはプールやボート池、バラ園、ボタン園などがあり、四季を通じて多くの人に利用されている。「真岡井頭マラソン」や「栃木30K」などの会場にもなっている。コースは3.3kmの周回コース。この距離をノンストップで周回できるのはうれしい。ランニング後は、隣接する温泉複合施設「井頭温泉」へ。地下1500mからくみ上げた温泉や機能プールで疲れを癒そう。

    ロード

    • 永野川緑地公園をスタートし、標高341mの太平山自然公園を目指す。高低差は最大194m。1km過ぎからひたすら上り続け、約4.5kmを上り切ったら、大平山神社の参拝を。ここは桜、紫陽花、紅葉の名所で、シーズンには観光客で賑わう。晴れていれば、筑波山や富士山、東京副都心のビル群が見られる。帰りは謙信平(上杉謙信が騎馬隊をここで練習させた)を通り、永野川河川敷沿いをスタート地点まで戻る全行程9.2km。

    ロード

    • 小山運動公園は20haの敷地内に、野球場、サッカー場、陸上競技場などのスポーツ施設が充実し、子ども向け遊具広場や池など、地域の憩いの場ともなっている。ここには、木々の茂る園内の、1周1.6kmというコースを紹介する。距離管理しやすいので、いろいろなトレーニングメニューを組みやすい。また陸上競技場の周囲には、100mごとの距離表示がある、足に優しい樹脂で舗装された680mのジョギングコースも利用できる。

    ロード

    • 栃木県を鹿沼市から小山市へと流れる思川(おもいがわ)。この川を舞台に、毎年4月に開催される思川桜マラソンの10km種目と重なるコースを走る。小山運動公園内「森のはらっぱ」をスタートゴールとし、下流に向かって川の左岸を進み、乙女大橋を渡って対岸を戻る合計12.1kmのコース。春、桜の花の美しさはもちろん、鮮やかに咲く菜の花も目を楽しませてくれる。川の土手は信号がなく、見晴らしが良いので快適にスピードを出せるのがうれしい。季節ごとの自然を感じながら走ろう。

    ロード

    • 栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがる日本最大の貯水池、渡良瀬遊水地。総面積2500haの広大な敷地には、多種の動植物が生息し、スカイダイビング、ウォータースポーツなど各種のスポーツ愛好者が集まる。この中心、谷中湖の半分を周回する7.3kmのコースは、渡良瀬遊水地ハーフマラソンと同じコース(3周する)。中央エントランスの下宮橋をスタートするコースは平坦で走りやすい。入り口にはゲートが設置され、季節ごとに開場時間が変わるので気をつけたい。

    ロード

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP