検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    沖縄県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    -
件数:
25
走ろうにっぽん

沖縄本島最北端の辺戸岬を目指すコース。辺戸岬灯台が目印になる。 辺戸岬まではさとうきび畑が続き、交通量も少なく、離島のようなのんびりした景色。辺戸岬では天気が良ければ与論島(鹿児島県大島郡)をはっきり見ることができる。帰りはヤンバルクイナ展望台に立ち寄ってみよう。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(国頭郡国頭村)

国頭村トレイルコース(国頭村)

国の天然記念物ヤンバルクイナの生息地で有名な国頭村は沖縄本島の最北端に位置する村で、大部分が山林原野で占められている自然豊かな村。 このコースは12月に開催される「国頭トレイル」の一部を走る。 標高差は最大450mのアップダウンのあるロングコース。給水給食、下調べは欠かさずに。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄本島本部港から約40分。伊江島は日帰りのできる離島のひとつ。比較的アップダウンが少ないのでロングランに適している。 島の北西の海岸には、水が湧き出ることから「湧出(わじぃー)」と呼ばれる昔からの水源地がある。潮の満ち引きや天候によって様々な姿をみせる美しい海岸線を見られるので、展望台から眺めたら、ぜひ降りてそばまで寄ってみよう。また標高172mの城山(タッチュー)の山頂からは360度のパノラマを堪能することができる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(国頭郡本部町)

海とフクギ並木コース(本部町)

ダイナミックな大自然が特徴の沖縄北部エリアのコースが多い中、気軽に走れる短いコース。 海洋博記念公園の中を抜けて、エメラルドビーチから本部半島先端の備瀬崎から「フクギ並木」を走る。 2万本のフクギのトンネルは、木々の葉っぱの間から差し込むやさしい陽射が、疲れた身体を癒してくれる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(国頭郡今帰仁村)

古宇利島海一望コース(今帰仁村)

本島北部にある周囲約8kmの古宇利島。「沖縄版アダムとイヴ」と呼ばれるロマンティックな伝説が残る島で、美しいエメラルドグリーンの海に囲まれた景色も素晴らしい。古宇利大橋の上から見えるダイナミックな景観は、まるで海の上を走っているかのよう! 周辺にはハート型の岩・透明度抜群のビーチなど、素敵な立寄りスポットもいっぱい。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(国頭郡大宜味村)

塩屋湾一周コース(大宜味村)

塩屋湾は、湾口1km、奥行き3km弱の小さな湾だが、1周が8km弱のランニングコースとしては平坦で走りやすいコース。 湾の奥の方では干潮時に砂地があらわれ、マングローブ、ハマグリ、シオマネキ(カニ)を観察することもできる。 国道58号線上の塩屋大橋からは古宇利島【今帰仁村(なきじんそん)】も見える。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(国頭郡本部町)

八重岳往復登山コース(本部町)

沖縄北部の本部町(もとぶちょう)と名護市にまたがる沖縄で2番目に高い八重岳(標高453m)を往復するトレーニングコース。往復で8km強の一本道なので、練習に集中することができる。2月のさくら祭りでは、7,000本以上の桜が公園やコースに咲き、休日は車で込み合うので、平日のランニングがおススメ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄北部エリアでは観光客の少ない屋我地ビーチをスタート。 スタートしてしばらくは左右にビーチが点在する平坦なコースだが、国道58号線を東に上るときつい上りが続く。標高250mの羽地ダムには多目的公園があるのでトイレ、水は安心。 屋我地ビーチに戻ったら海に浸かって疲労回復するのもおススメ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄自動車道の終点許田インターからすぐの道の駅許田から国道58号線を恩納村に向かって南下。 幸喜ビーチ、喜瀬ビーチ、かりゆしビーチ、ミッションビーチ、みゆきビーチ、ダイヤモンドビーチ、6つのビーチを通過、最後は万座ビーチから万座毛の絶景がフィニッシュの片道19kmのロングコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(中頭郡読谷村)

残波岬絶景コース(読谷村)

日本一大きな村「読谷村(よみたんそん)」にある残波岬を往復するコース。残波岬は読谷村の北端にあり約30mの絶壁が2km続く景勝地。白い灯台が目印。残波岬いこい公園の中は遊歩道を走ることができる。 公園内でひときわ目立つ高さ5mの巨大シーサーの前は、定番の記念撮影ポイント。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

海の上に架かっている「あやはし海中道路」を走る。浜比嘉島の勝連浜までずっと海の上がコース。アップダウンもほとんどなくフラットなので、ゆっくりリラックスして走るのがおススメ。4月に開催している「あやはし海中ロードレース」のコースの一部でもある。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県中部エリアにある沖縄県最大の総合運動公園内のコース。 集いの広場、太陽の広場の他、レクリエーションプールを核とする海浜ゾーン、自然体験学習の場となる森と水のゾーンに分かれており、 亜熱帯樹木がたくさん植えられている。 ちなみにレンタルサイクルで園内をサイクリングすることもできる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄県(中頭郡北谷町)

西海岸サンセットコース(北谷町)

スタートの「トロピカルビーチ」、折り返しの「サンセットビーチ」、後半途中の「アラハビーチ」と、一度に3つのビーチを満喫できるぜいたくなコース。 異国ムード漂う北谷町を通り、アメリカンビレッジではウインドウショッピングランはいかが? 夕日の時間にあわせての「サンセットビーチラン」が特におススメ。 中でもアラハビーチには外国人も多く異国情緒いっぱい!

未評価

ロード

走ろうにっぽん

那覇市内で最もランナー、ウォーカーが多いスポット。 1周850mの走路は路面に距離表示があり、ウレタン舗装が施されているので、脚に優しいのもうれしいポイント。木陰も多いので、日中でも強い日差しをさえぎってくれ、気持ちよく走ることができる。 朝は5時から夜は23時過ぎまで安心して走れるコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

首里城を中心に城下町の歴史散策を楽しめるコース。 首里城守礼門、龍潭の観光スポットはもちろん、パワースポットや泡盛の製造工程を見学できる酒造所など、観光ポイントがたくさんあるエリアなので、興味のあるところに立ち寄りなら走る観光ランに最適。 コース周辺には沖縄そば屋やカフェが点在。 首里グルメでエネルギー補給をしながら、風情あふれる古都を周遊してみよう。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

那覇市内中心部、県庁前駅からスタートし、海を一望できるコース。 波之上橋では波之上宮を横目に見ながら神聖な気持ちに、アップダウンの大きい泊大橋の最高点では素晴らしい景色が待っている。最後は慶良間諸島行きのフェリーの発着地である泊港の中を抜け、交通量の多い国道58号線に出るが、歩道は広く走りやすいのでご安心を。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

那覇市内中心部からすぐに気軽に走りに行けるコース。ゆいれーる旭橋駅近くをスタートし、NAHAマラソンのスタート、フィニッシュ地点である奥武山運動公園がある国場川沿いを進み、マングローブの湿地が特徴的な漫湖の周辺を走る。漫湖は全国的にも有名なシギ・チドリ類の重要な渡来地で、ラムサール条約登録湿地でもある。都心のそばにある自然いっぱいのフラットで気持ちのいいランニングコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

那覇空港から一番近いリゾート地「瀬長島」への往復コース。時間があれば、2015年にオープンしたお洒落なショップやカフェが集まった「ウミカジテラス」や瀬長島ホテルに併設されているビジター入浴OKの「瀬長島温泉」で疲れをとるのもおススメ。 那覇空港に着陸する飛行機が間近で見られるのもココだけ。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

那覇中心にある泊港から高速船で35分、フェリーで70分。慶良間諸島で一番大きな島が渡嘉敷島。 ダイビングやホエールウォッチングで有名だが、このコースはフェリーターミナルから島を横断して、真っ白な砂浜、透き通るケラマブルーの海、慶良間諸島でも人気のある阿波連ビーチを目指すコース。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

沖縄に伝わる聖地巡拝行事「東御廻り(あがりうまーい)」の巡礼路の一部を走るコース。 スタート地点のあざまサンサンビーチは、更衣室やシャワーを完備。また売店あるので飲料などの調達もOK。 時間があれば沖縄本島で一番のパワースポット「斎場御嶽(せいふぁーうたき)」でリラックスしたい。 クライマックスのニライ橋・カナイ橋は南部エリア屈指の絶景!

未評価

ロード