検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    愛媛県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    走ろうにっぽんコース10撰
並び替え
件数:
10
    • 尾道市から愛媛まで6つの島を橋でつないだ瀬戸内しまなみ海道。最も愛媛県側にある来栖海峡大橋は全長4,105mと最大で、世界初の三連吊橋。来栖海峡は海の難所として知られ、大きな船が行き来する交通の要所でもあるため3つの吊り橋を連結する形となったという。橋には自転車・歩行者専用道路が備えられ、大潮の時に現れる直径10m以上の「八幡渦」や、瀬戸内海に浮かぶ島々美しい景色を楽しみながら走れる。サイクリングターミナル「サンライズ糸山」で折り返す。

    ロード

    • 今治城は日本三大水城のひとつ(ほかは香川の高松城、大分の中津城)。水城とは、海のすぐそばにあり、堀に海水が流れ込んでいる城をいう。城づくりの名手といわれた戦国武将、藤堂高虎によって築城され、50~70mの大きな幅の堀や、入口を三方囲む枡形虎口の多用などで、守りの堅い城とされていた。明治維新の廃城により、現存するのは野面積みの石垣と内堀のみ。現在の天守や櫓、鉄御門は復元されたものだが重厚な佇まいは美しい。堀の外側の平坦な歩道を走る。

    ロード

    • 松山港の沖合いに浮かぶ興居島(ごごしま)は、高浜の港からフェリーで約10分。海岸沿いに1周21.6kmの信号のないコースがとれる。港から北上する東側はほとんどフラットだが、7.5km過ぎあたりからアップダウンが続く。木々の生い茂る山道もあるが、由良湾や斎灘(いつきなだ)、伊予灘、古瀬戸と、島を取り囲む海が次々と見え飽きることがない。難所は島の南西部。伊予小富士の裾野の標高差100mを越える。伊予小富士は美しい円錐形で中腹まで広がるみかん畑も美しい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    松山市を一望!フライブルク城コース(松山市)

    愛媛県(松山市)

    • 松山市の市制100年を記念して造られた松山総合公園は、市の花である椿が約500種、約1000本の桜が植えられ、一年を通じて花や緑に囲まれている。頂上には姉妹都市ドイツ・フライブルク市との提携を記念したドイツ風の城の形をした展望台が築かれていて、松山市を一望できる。園内の大外のコースは比較的平坦で、中央部に入るにしたがい樹木が深くなり起伏が増えてくる。頂上の展望台までは激坂だが景色を楽しみに頑張ろう。展望台を折り返して戻る往復コース。

    ロード

    • 松山藩松平家の居城だった松山城は、日本で12ヵ所しか残っていない江戸時代以前に建造された天守をもつ城「現存12天守」のひとつ。 松山市の中心部の城山の山頂に本丸が、そして裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(城山公園堀之内)がある。城山公園の堀之内をお堀沿いに走り、二の丸史跡庭園に沿って、天守閣を目指して城山を上って、スタート地点の県庁に戻る。最初は平坦、城山の上り下りは激しいアップダウン。少々きついけれどよいトレーニングになるコース。

    ロード

    • 松山中央公園はプロ野球の公式戦も行われる四国最大級の「坊ちゃんスタジアム」や、プール、武道館やテニスコートなどがある総合運動公園。敷地内には距離表示のあるジョギングコースが3種類(1.25km、1.5km、2.4km)整備されていて、夜間でも走れるのが魅力。もちろん園路なので、信号や車もなく平坦なのでインターバルなどのスピード練習や、各種ポイント練習にも向いているため地元ランナーに人気のスポット。JR市坪駅前なので電車利用も可。

    ロード

    • 県中部を流れる一級河川、重信川の河川敷を走る。昔から氾濫や洪水を起こし暴れ川と呼ばれていたこの川は、現在では河川敷もよく整備され、自転車歩行者専用道路が設置されているところもあり、ランナーにとっては気持ちよく走れるコースとなっている。坊ちゃんスタジアムを基点として、下流に向かって緩やかに下るように走り、伊予灘に注ぐ河口で折り返す。起点から上流へも自転車歩行者専用道路が整備されているので、距離を延ばすのも思いのまま。

    ロード

    • 伊予灘の海岸線に沿って走るJR予讃線。この伊予上灘駅と下灘駅のふたつの駅をつなぐように、海沿いの道「ゆうやけこやけライン」を走る往復コース。伊予市双海町は「日本の夕陽百選」に選ばれていて、なかでも有名なのが伊予上灘駅からほど近い、ふたみシーサイド公園からの夕日。この公園内の「道の駅ふたみ」をスタートして、瀬戸内海を眺めながら走る。折り返し地点の下灘駅は、ドラマのロケ地になるほど、ホームの目の前に広がる海の景色を目に焼き付けたい。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    激坂を上っても見たい!「泉谷の棚田」コース(内子町)

    愛媛県(喜多郡内子町)

    • 内子町は中心部の風情ある明治の町並みが観光スポットとして有名だが、郊外にも美しい景色を楽しめるところが多い。日本棚田百選にも選ばれている泉谷の棚田は、全国の棚田の中でも特に急傾斜なことで有名。往路はのどかな田園風景から大登山の山際を走り、きつい上りが続く難コースだが、石積みに支えられた95枚もの水田が広がる様を眺めると、走ってきた甲斐があるというもの。四季を通じて朝に夕に美しい景色を見せてくれる。復路は折り返して戻る下り基調。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    日本一細長い半島!佐田岬メロディーライン(伊方町)

    愛媛県(西宇和郡伊方町)

    • 四国最西端で日本一細長い半島の岬、佐田(さだ)岬を走るコース。道の駅「伊方きらら館」から佐田岬メロディーラインを走り、風車が立ち並ぶ「せと風の丘パーク」で折り返す。佐田岬メロディーラインは、左右に宇和海と瀬戸内海を眺めながら走れる絶景コース。7km地点の道の駅瀬戸農業公園前は、車が法定速度で走ると音楽が流れるので、タイミングが合えば「みかんの花咲く丘」が聴けるかもしれない。折り返し地点までの上りはかなりの急坂なので覚悟して走ろう。

    ロード

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP