検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    兵庫県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    走ろうにっぽんコース10撰
件数:
10

JR姫路駅を出ると、正面に伸びた道路の先に「姫路城」が見える。奈良の法隆寺とともに日本で初めて世界遺産に登録された史跡建造物だ。シラサギが羽を広げたような白く美しい様子から「白鷺城」とも呼ばれ、大天守は慶長14年に建築されたものが現存している。駅から城までの約900mに数カ所信号があるものの、城の周回路に信号はなく平坦で走りやすい。姫路駅南口にある銭湯「森の湯」ではランニングステーションとしての有料サービスもあるので利用してみては。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

兵庫県に河口がある川の中で流路延長、流域面積ともに最大な加古川は、各地の河川敷を利用して走るランナーも多い。ここでは常設の陸連公認フルマラソンコース「加古川みなもロード」の一部を走る。JR加古川駅から河川敷に出て、左岸を上流に遡るように走る。左手に加古川、右手に住宅地や田畑が広がり、なだらかに上って国包公会堂で折り返す。途中、大堰記念公園などの公園があり休憩もできる。JR加古川線がほぼ平行して走っているので途中駅でショートカットも可能。

未評価

ロード

スタートは阪急電鉄夙川駅。このあたりは関西屈指のお屋敷町で、谷崎潤一郎が松子夫人と出会った根津家の邸宅があったことでも有名。ここからほど近い、夙川の河川敷に広がる桜の名所、夙川公園のオアシスロードを川沿いに走る。芦屋海浜公園からは海沿いのコースになり、浜風大橋を渡って南芦屋浜に。折り返しの「芦屋市総合公園」は海に囲まれた緑豊かな公園で、園内に気持ちよく走れるコースがあるので組み合わせてもいい。全行程広い歩道で、ほぼ平坦な走りやすいコース。

未評価

ロード

西宮は日本酒の銘醸地「灘五郷」のうち西宮郷と今津郷を擁する地。西宮駅の南には宮水発祥の地があり、かつて灘の酒の蔵元がひしめいていた。現在その数は減っているものの、日本酒販売はもちろん、日本酒の記念館やお酒をテーマにしたレストラン、土産物店が軒を連ねている。酒蔵や酒の博物館などを通り阪神電鉄甲子園駅へ向かう。駅手前では甲子園球場を仰ぎ見ることも。折り返して別の酒蔵をまわるもよし、阪神電鉄の途中駅でショートカットするもよし。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

神戸市東部を流れる住吉川は六甲山麓から短く下る急流で蛍が棲息する清流。この川の両岸に整備された遊歩道を、六甲山に向かって上り、折り返したら海へとひたすら下る。距離表示があり、信号も車の往来もないので走りやすくランナーも多い。阪神電鉄本線の魚崎駅は川の上に駅舎があり、駅からすぐ遊歩道に降りられて便利。御影、魚崎地域は灘の酒の銘醸地である灘五郷のひとつ。南魚崎駅にも菊正宗酒造記念館など酒にゆかりのあるスポットがありアフターランも楽しめる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

三宮地区から西側のハーバーランドに対し、東側に開発された新都心「HAT神戸」。この海沿いに整備されたなぎさ公園を走る。公園内には芝生広場や3on3コート、海沿いにはウッドデッキのプロムナードがありランナーも多い。海岸側は釣りができるエリアになっていて、多くの釣り人で賑わっている。海風を感じながら、ときには釣り人を横目に見ながら走ろう。昼は六甲山、夜は三宮市街の夜景も美しい。起点としているのは天然温泉「なぎさの湯」。電車利用の場合は阪神電車春日野道から徒歩10分。

5

ロード

走ろうにっぽん

神戸は海と山の街。南から北へ向かう道はほぼ上りになる。三宮から山本通り(異人館通り)へ上って行くと北野異人館街。「シュウエケ邸」など洋館が立ち並び異国情緒を醸し出す。標高150mほどの諏訪山公園、ビーナスブリッジまで一気に上る。「愛の鍵モニュメント」のある展望台は港と市街が見渡せる屈指のビューポイント。景色を堪能したら海へ向かって下り、神戸のおしゃれな観光スポット、元町エリアから海沿いのメリケンパーク、ハーバーランドを走って神戸駅でゴール。余力があれば往復しても。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

JR・地下鉄三宮駅からポートアイランドを通過し神戸空港で折り返す往復16.8?のコース。三宮駅前からまっすぐフラワーロードを走ると、間もなく神戸ルミナリエや「1.17希望の灯り」で有名な東遊園地を通る。2つの人工島をつなぐのは神戸大橋と神戸スカイブリッジ。海の眺めを楽しめるうえ、広い歩道がついていて安心して走れて、橋の前後のアップダウンもいい練習になる。ポートアイランド北公園は神戸のウォーターフロントが一望できるビュースポット。

未評価

ロード

人工島六甲アイランドの中心部を走る。六甲ライナーの「アイランド北口駅」をスタートし、緑道に沿って走る1周5.4?のコース。コースのほとんどは、足に優しい未舗装路。100mごとの距離表示もあり、信号もないので走りやすい。里山風景を模した場所では桜や紅葉といった四季折々の植栽が、ヤシの木が並ぶ場所では南国ムードが演出されているなど、目先に変化があるのが嬉しい。全体を通して平坦でロング走にぴったり。あずま屋や自販機もあり休憩も取りやすい。

5

ロード

JR舞子駅を起点として海沿いを走る。目の前に広がるのは明石海峡。そして淡路島へ向かって延びる明石海峡大橋の姿がそびえたつ。海を左手に見て海岸線を2kmほど走ると、夏は海水浴客でにぎわう大蔵海岸公園に出る。砂浜の波打ち際や、芝生の多目的広場、釣人たちが糸を垂れている様子を見ながら園内を走って折り返す。海岸線を舞子駅へ戻り、さらに足を延ばすと、白砂青松の風景が万葉の詩歌にも詠まれた舞子海岸になる。こちらも美しいビーチなのでぜひ立ち寄りたい。

未評価

ロード