検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    愛知県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    走ろうにっぽんコース10撰
件数:
10

犬山城は天文6年(1537)、織田信長の叔父、織田信康によって築かれた、現存する日本最古の天守を持つ城で、国宝に指定されている。ここをスタートして、信長が美濃攻めの拠点として築いた小牧城の跡(歴史と文化を伝える郷土資料館がある)まで走って往復する、歴史好き、城好きにはたまらないコース。標高約86mの小牧山を上り下りする以外はほぼフラットなコース。走り終わったら、犬山城のおひざ元に湧き出た犬山唯一の天然温泉、犬山温泉で汗を流したい。

未評価

ロード

五条川沿いに続く尾北自然歩道は全長27.11km。川沿いには2000本以上とも言われる桜が植えられ、日本さくらの名所百選にも選ばれている。そのうち、ここでは名鉄犬山線の岩倉駅周辺を中心にした往復コースを紹介。さすがに桜のシーズンは混み合うが、新緑の頃はさわやかに、深い緑陰をつくる夏は涼しく、秋は桜葉の紅葉…と、季節ごとの美しさを楽しみながら走れるコース。安土桃山時代の武将、堀尾氏ゆかりの地「堀尾跡公園」など、途中休憩できるスポットもあり。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

名古屋のシンボルともいえる名古屋城。この城を中心とした、名城公園の外周を走るコース。地元では四季を通じて人気の散策コースで、緑が豊富で日陰も多いので、夏でも気持ちよく走れる。園内には、100mごとの距離表示のある土のコース(1.3km)もあるので、こちらと組み合わせてコース設定してもいい。また、園内の複合施設『tonarino(トナリノ)』にはロッカーやシャワーを備えたランニングステーションもある。

未評価

ロード

歴史好き、城好きにはうれしい織田信長ゆかりの城をめぐって往復する13.8kmのコース。名古屋城の前身である那古屋城は、織田信長が生まれた城。その後、居城としたのが、天下取りの出発点となり清州会議でも有名な清州城。清州はその昔、交通の要として天下を取るには重要な地域であり、織田信長もここから戦へ向かったという。周辺は木々が多く緑豊かな清洲公園として整備されている。ここでは、名古屋城をスタートにしているが、最寄りの地下鉄名城線・市役所駅からもすぐ近い。

未評価

ロード

名古屋駅をスタートして「モリコロパーク」までの20km弱を走る。この公園は、2005年に開催された愛・地球博「愛知万博」の長久手会場跡地が整備されてできた公園。地下鉄桜通線にほぼ沿って走るので、スタート駅を変えて距離を短縮したり、往復コースにして、疲れたら途中から電車に乗って帰るなど、体力や目的に応じて距離を調整しやすい。また、モリコロパーク内には、大芝生広場と「こいの池」の周囲に1.8kmのジョギングコースもあるので、走り足りない場合は利用したい。

未評価

ロード

日本三大観音のひとつ、国宝の古事記写本があることでも有名な大須観音。その最寄駅である大須観音駅をスタートし、名古屋城まで続く主要道路、伏見通りを南下。熱田神宮をぐるっと回って戻ってくる10kmのコース。織田信長が桶狭間の合戦の前に必勝祈願し見事勝利を収めたとも言われている熱田神宮の外周を1周すると約2km。夜、ひとりで走っても安全なくらいで、信号も少ないことから名古屋のランニングスポットとしても人気。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

約60haの広大な森の中には、シンボルのスカイタワーを中心に、動植物園、遊園地など1日では回りきれないほど見どころ満載の東山公園。その中の「1万歩コース」という自然散策路は、木の階段やアップダウンがあって、気持ちよく走れるクロカンコース。東山公園駅すぐの正門からスタートし、上池までは動物舎の裏側の道なので走りながら動物たちの鳴き声が聞こえるかも。そこから園のほぼ外周を走る。1万歩=約6kmという長さもほどよい距離。

未評価

ロード

愛知池は東郷ダムの人造湖で、住宅地が近いため、散歩をする人やランナーも多い。外周に整備されているウォーキングコースは1周7.2km。信号もなく左回り、右回りともに1kmごとに距離表示があるのでペースもつかみやすい。コース上には、猿投山が見えるポイントがあり、晴れていればその奥に恵那山の遠景が見えることも。スタート&ゴール地点の愛知牧場では、絞りたて牛乳を使った手づくりジェラートやソフトクリームが人気。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

大高緑地公園は約100haもの広大な敷地の中に、芝生ひろばや、ゴーカートに乗れる交通公園、パターゴルフ場、テニスコート、デイキャンプ場、プール、恐竜のテーマパークなどもあって、ファミリーに人気の公園。ここで紹介するのは、緑多い園内を、大まわりに走る1周4kmのコース。つつじの道を行き、春には桜や梅を見ながら、琵琶ケ池を回って戻る。つつじに囲まれた「こもれびの小径」や竹林散策路はクールダウンに歩いてみてもいい。琵琶ケ池一周を追加すると約5km走れる。

未評価

ロード

あいち健康の森は、100haの丘陵地に整備された大型の県営公園。大芝生広場、ふるさとの森、子どもの森などがあり、各種のスポーツ施設も充実している。ここにある、「いのちの池」の1周1.15kmは地元ランナーの人気コース。路面は、足に優しいタータン。ほかに1.5kmと5kmのウォーキングコースがあり、ゆっくりジョギングすることもできる。園内のあいち健康プラザ内には天然温泉の「もりの湯」やレストランもある。

未評価

ロード