検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    青森県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    走ろうにっぽんコース10撰
並び替え
件数:
10
  • 走ろうにっぽん

    竜飛崎~三厩鉞泊(みんまやまさかりどまり)コース(外ヶ浜町)

    青森県(東津軽郡外ヶ浜町)

    • 津軽海峡最北端の竜飛崎をスタートし、三厩(みんまや)海岸沿いを走る。復路は内陸の森林に囲まれたロードを戻る。天気の良い日には斜め前方に下北半島、後方に北海道を望む風光明媚な海岸線。快調に飛ばすほぼ平坦な海岸線をあとに後半の山道は、脚力を使う厳しいアップダウンが続く。そんな中、目を楽しませてくれるのが「あじさいロード」だ。そしてきついコースを乗り越えた先に待っているのは竜飛崎の絶景!日本唯一の階段国道を通って灯台まで行こう。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    走れメロス!金木、芦野公園コース(五所川原市)

    青森県(五所川原市)

    • 金木町は太宰治の出身地。現在は記念館「斜陽館」となっている生家や子どものころによく遊んだ芦野公園などゆかりの地をめぐる。冬は厳しく夏は暑いが、平坦で走りやすい。広大な公園内には芝生広場もあり、クロカンやスピード練習などもできる。春には見事な桜の下で花見ランも。園内を走る「走れメロス号」と桜を眺めながらのんびりと周回するのも気持ちいい。ただし夕暮れも早いので観光ランは早めに。走れメロス!日暮れは近い!

    ロード

    • 青森港沿いを走る「AOMORIマラソン大会」の10kmコースを走る。海浜にある合浦(がっぽ)公園から海沿いを通り、青森ベイブリッジを渡る潮風たっぷりのコース。平坦で走りやすく眺めも素晴らしい道は、地元ランナーが集まるランニングのメッカ。なんといっても目玉は青森ベイブリッジ。橋の上からは海と市街地を一望でき、夜は夜景も美しい。夏はライトアップされた橋を渡るナイトランも最高だ。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    信仰の山・岩木山神社コース(弘前市)

    青森県(弘前市)

    • 美しい山容から「津軽富士」と呼ばれる岩木山。その麓にあるのが岩木山神社で、鳥居からは岩木山山頂をまっすぐ拝むことができる。桜並木、リンゴ畑に挟まれた道はひたすら上りひたすら下るきつい坂道。地元ランナーには定番のコースで、心肺機能アップに走り込むランナーが多い。朝、岩木神社を折り返すと下るロードから八甲田山がきれいに見える。朝日を浴びながら走るのもすがすがしい。ラン後は温泉でリフレッシュ。

    ロード

    • 中心に弘前城がそびえる広大な弘前公園は、公園内と外周を利用し、コンディションに合わせてルートを組み立てて走ることができる。外周約3.3kmは、適度なアップダウンがあり練習に最適。公園内は弘前城リレーマラソンのコースにも重なっている。弘前城を眺めながら木々の中を自由に走りたい。桜の名所として知られる弘前公園では、4月末ごろから「さくらまつり」を開催。濠端に続く満開の桜は圧巻の美しさだ。

    ロード

    • 豊かな自然に恵まれた十和田湖国立公園。中でも奥入瀬渓流沿いの道は、自然林と水が織りなす景観が美しい。歩道は渓流に沿って整備されているので、間近にせせらぎの音を聞きながら走ることができる。スタートからゴールまで坂道が続く。清流や滝ではマイナスイオンをたっぷりと浴びながら気持ちよく走れるので、夏ランにぴったりだ。折り返しの十和田湖畔からは遊覧船めぐりもでき、ラン後は十和田湖温泉郷の名湯も待っている。

    ロード

  • 走ろうにっぽん

    十二湖、日本キャニオンと白神山地ランコース(深浦町)

    青森県(西津軽郡深浦町)

    • 白神山地の人気スポット「十二湖」を巡り、自然の神秘にふれるコース。スタートしてしばらくは左に海、右に山々を望む絶景の中を走る。新緑の時期は青々と、紅葉の時期は山が染まって美しい。十二湖をめぐる道は上り坂が続いてきついところだが、ロードとトレイルでリズムよく走れる。木陰も多いので夏は涼しく、とくに青池の幻想的な水色に癒される。展望台に上れば白い岩肌を見せる雄大な日本キャニオンの絶景が目の前に!

    ロード

    • ウミネコの繁殖地として国の天然記念物にも指定されている蕪島。種差(たねさし)海岸までは「八戸うみねこマラソン」ハーフコースの7kmから16km地点とも重なるルート。細かなアップダウンが続くが、潮騒を聞きながら気持ちよく走れる。種差海岸では海沿いに天然芝が広がり海の青とのコントラストは絶景。往復してロング走の練習に、砂浜にコースを変えれば筋力アップトレーニングに。

    ロード

    • 八戸港は青森県最大の港湾。たくさんの漁船や大型貨物船の往来を見ながら湾岸を走る平坦なコース。港にかかる2つの橋「八戸大橋(通称 夢の大橋)」と「八太郎橋」からは海と市内が一望できる。そして八戸は、人口に対する銭湯の数が全国1位。早朝5時から夜遅くまで入浴できるので、いつでも、走った後の疲れを癒すことができる。3~12月まで開催する館鼻(たてはな)岸壁朝市は日の出より開かれ、魚介や地元の惣菜が楽しめる。

    ロード

    • 大自然に囲まれた十和田湖畔を走り、四季折々の景色を味わえる。スタートして4kmほど走ると瞰湖台(かんこだい)と呼ばれる絶景ポイントがあり、十和田湖に突き出た半島や美しい湖水にうつる空の景色はすばらしい。ここまでの道は平均斜度6.4%と厳しく、「十和田湖マラソン」のもっともきつい地点とも重なるところ。アップダウン練習、トレラン練習には最適。坂はきついが、森林浴で心身ともにリフレッシュ!

    ロード

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんランニングコース10撰

走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決定しています。

北海道・東北

関東

中部・北陸・東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

TOP