検索結果

  • キーワード:
    -
  • エリア:
    埼玉県
  • 距離下限:
    -
  • 距離上限:
    -
  • カテゴリー:
    走ろうにっぽんコース10撰
件数:
10
走ろうにっぽん

国営武蔵丘陵森林公園は、明治百年記念事業の一環として、首都圏で自然を身近に親しめる場所として整備された日本初の国営公園。滑川町と熊谷市にまたがる304ha(東京ドーム65個分)という広大な丘陵地に、雑木林を中心に池沼、湿地、草地などが配されている。園内にクロカンコース(コースマップ)のほか、5kmと10kmのランニングコースも設定されている。ここを会場に、クロカンやハーフマラソンなどの大会も開催されている。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

毛呂山町は、武者小路実篤の「新しき村」でも有名な緑多く自然豊かな町。毛呂山町から秩父市に至る林道「奥武蔵グリーンライン」を走り、武甲温泉までの40kmのコース。標高差約800m、アップダウンの繰り返しはきついが、いくつもの峠や景色のよい展望台を通過。途中の鎌北湖では、四季折々の美しい湖畔の景色を楽しむことができる。また緑深い森林が続く埼玉県県民の森を通るなど、変化が嬉しいコース。木陰も多く夏のロング走にもおすすめ。

未評価

ロード

収容人数63,700人、日本最大のサッカー競技場、埼玉スタジアム(通称サイスタ)を中心とした公園外周を走る。約30haという広い公園敷地内には、サッカーのための数々の施設のほか、市民の憩いの場となる「もみの木の広場」「ちびっこ広場」「バラ園」などもあり、ウォーミングアップやクーリングダウンもリラックスしてできそう。1周約2.2kmのジョギングコースが設定されていて、路面は脚に優しい素材で距離表示もあり、適度なアップダウンで走りやすい。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

東京・埼玉県近郊に200社余りある氷川神社の総本社周辺を走る。JR東北本線・さいたま新都心駅に隣接するショッピングモール「コクーンシティ」をスタート。日本一長い参道といわれている氷川神社の約2km続くケヤキ並木を走り、樹齢100年以上の森が深い木陰をつくる大宮公園へ。さらに大宮第二公園、 かつての見沼田圃の原風景を見せてくれる第三公園をまわって戻る10.4km。一帯は緑豊かなほぼフラットなロードで走りやすいコース。

未評価

ロード

敷地面積33.7ha、テナント数700以上という、日本一の巨大ショッピングモール「越谷イオンレイクタウン」。ここに隣接する、大相模調節池は面積は39.5haと、東京・上野公園の不忍池の約3倍という広さ。この池の周辺は遊歩道や桟橋などが整備されていて、約2kmの外周コースは地元ランナーの人気コースとなっている。池のヨットやカヌー練習などを眺めながら気持ちよく走れ、夜間も明るくナイトランにも利用できる。

未評価

ロード

走ろうにっぽん

さいたま市の中心街そばにある、別所沼をとりまく7.9haほどの公園は、中国原産のメタセコイアの巨木や、メキシコ原産のラクウショウが茂り、緑豊かな異国情緒たっぷり。関東大震災後に文化人などが沼周辺に多数移り住んだという土地柄、周辺は現在も埼玉県では屈指の高級住宅街となっている。別所沼の外周には、足に優しい素材で舗装された1周0.9kmのコースが作られていて、近隣のランナーが集まる。春はサクラ、梅雨にはアジサイ、秋には紅葉の見物で賑わう。

未評価

ロード

彩湖は荒川調整池としてできた人工湖。この湖の周囲を走る1周4.6kmの周回コース。湖岸の荒川彩湖公園は芝生が広がる気持ちのよい公園。ここをスタートしてウィンドサーフィンやカヌーなどを楽しむ人を眺めながら湖岸のサイクリングロードを走る。途中、ほどよいアップダウンが何ヵ所かある。東岸に広がる「彩湖道満グリーンパーク」は、緑豊かで、デイキャンプ場などもある巨大な公園で、マラソンやトライアスロンなどのレースも開催されている。

未評価

ロード

戸田漕艇場は、戸田公園内にあるボート競技コースで、別名「戸田ボートコース」と呼ばれいている。日本で唯一の人工的に作られた静水ボートコースで、1964年の東京オリンピックではボート競技会場として使われいている。この外周を回るように走ると1周5.4km。東西約2500mと細長い水路で、大学のボート部などの練習を見ながら走れる。戸田公園大橋から西端までは戸田競艇場としても利用されていて、レースがあるときには歓声が聞えてくることも。

未評価

ロード

「日本の航空発祥の地」として知られる所沢航空記念公園は、1911年(明治44年)日本で最初につくられた飛行場、所沢飛行場の跡地につくられた、総面積50.2haという広大な公園。園内には木々や花々が多く、所沢飛行場時代に当時の飛行学校の少年兵たちが卒業記念に植えたというヤマザクラも残っている。四季折々の植物や、野鳥の声などを楽しみながら気持ちよく走れる。適度なアップダウンと、各所に展示されている飛行機がアクセント。

4

ロード

映画『となりのトトロ』の舞台のモデルともいわれている狭山丘陵は、埼玉県南西部、東京都北西部にまたがる自然の残る広大な丘陵地。その中央に位置する狭山湖は、首都圏の水がめのひとつとして作られた人造湖。この左岸の湖畔沿いにある「県立狭山自然公園」をスタートして、周辺の1周14.2kmを走るコース。アップダウンがあり、舗装・未舗装半々で、クロカン的要素が大きい森の中のコース。日陰が多く、夏でも快適に走ることができるのも魅力。

未評価

ロード