東海道五十七次ウルトラマラニック2017 STAGE11-12 受付中

ランニング

東海道五十七次ウルトラマラニック2017 STAGE11-12

東海道五十七次ウルトラマラニックは、かつての旅人の道程を辿る旅。毎月第四週末、飛脚(RUN)の部と旅人(WALK)の部で開催、全7回・14ステージで旧東海道を踏破します。 今では僅か二時間余りで移動できる東海道ですが、生涯の中で、私たちの日本が誇る、東海道を自身の足で踏みしめていただきたい。そこには脈々と受け継がれたおもてなしの心と歴史深い情景が残されています。

開催日
開催日
2017/10/28(土) 10/29(日)
申込者/定員
申込者/定員
0/100人
チケット
チケット
支払方法 クレジットカード払い 、 コンビニ払い
  • 東海道五十七次ウルトラマラニック2017 STAGE11-12 飛脚の部(ラン): 24,000

  • 東海道五十七次ウルトラマラニック2017 STAGE11-12 旅人の部(ウォーク): 24,000

その他
その他
イベント種別大会 イベント規模100人~499人 レベル レベル問わず
計測有り その他の特徴参加賞有り、出会い

イベント詳細 イベント詳細

大会開催前月末までのエントリーで限定Tシャツプレゼント!

STAGE11-12 四日市宿-京都三条大橋 OVER NIGHT 約100km
本年度の東海道UMには2つのオーバーナイト100kmのステージを用意した。ここでは箱根と並ぶ難所、漆黒の鈴鹿峠を越える。美しい亀山、関の町並みは明るい間に通過できるだろうが既に日が短い時節、殆どの旅人が暗闇の鈴鹿峠を越える事になるだろう。鈴鹿をクリアすれば長閑な近江の田園風景が広がる。雄大な琵琶湖の湖面は旅人の疲れを癒してくれるだろう。しかしまだ一山越えなければならないのだ。逢坂の関を過ぎれば京の夜景が迎えてくれるだろう。

本大会は、各宿場に設けられたチェックポイントを通過し、制限時間内にゴールを目指すステージレース(複数日開催競技)です。順位はゴールまでの所要タイムとタイムペナルティ(CP不通過など)の合計で決定します。なお本大会は一般公道を使用しますので、参加者は交通法規を遵守すると共に、地域との交流や環境への配慮を最優先するものとします。

主催:東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会

後援・協賛:NPO法人歴史の道宿駅会議、SSER ORGANISATION、(社)日本ロゲイニング協会、各自治体、ナチュラム、ファイントラック、コールマン、イトイテックス、シュピゲン、ヒラソル、ケシュア、カレンジ

種目:①旅人の部(ウォーク) ②飛脚の部(ラン)

開催日程:5月から11月までの第四土日曜日 7カ月・14ステージ

開催場所:東海道五十七次(約570km)

コース及びCP:コース及びチェックポイントは受付時及び各ステージブリーフィング時に配布するマップに記載

制限時間:ウォークの部は時速4km、ランの部は時速6km目安で関門が設定されます。
「箱根100K」「鈴鹿100K」についてはウォークの部(30時間)、ランの部(27時間)で設定されます。

タイムオーバー:制限時間に間に合わない場合は回送車にてゴールまたは宿泊地まで移動していただきます。翌日からの競技への復帰は認められますが、総合順位、タイム計測の対象外となります。

参加資格:①18歳以上の健康な男女 ②交通法規を遵守できるもの ③地域との交流に配慮できるもの ④環境に配慮できるもの ⑤一般公道を利用する大会である事を認識し、自己責任で参加できるもの

競技中必携装備:ヘッドライト、後方照射用ライト、携帯電話、マップケース(A3)、マイカップ、水筒、筆記用具、ビバーク装備、テント(レンタル可)、マット、シュラフ、食器 ※その他気温、天候を考慮し準備してください。※本年よりマイテントの持ち込みを認めます。※ただし小型テントに限る(重量3kg未満)

荷物輸送:配布するオリジナルナップサック(45L・850✕650mm)に収まるサイズの荷物を次のビバーク地またはゴールに搬送します。ゴールに直送する荷物は受付時に運送会社にてお預け下さい(自費)

ビバーク(宿泊):本大会はテント泊が主となります。入浴施設を有さない場合は近隣の施設を案内します。

表彰式:各ステージゴール後自由解散となります。表彰式はSTAGE14(11月26日)のパレード後開催します。
  • 支払い方法
    クレジットカード払い 、コンビニ払い
  • 申込受付期間
    2017/1/15 20:00 〜 2017/10/27 18:00
  • キャンセル受付期間
    キャンセル不可
  • 会場
    四日市宿周辺特設会場
  • 住所
    三重県四日市市四日市
  • 受付開始時間
    08:00 ~
  • URL
  • 競技種別
    ランニング (種目:ウルトラ、その他)
  • イベント種別
    大会
  • イベント規模
    100人~499人
  • レベル
    レベル問わず
  • 当日申込
    -
  • 計測
    有り
  • その他の特徴
    参加賞有り、出会い
  • 主催者
    東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会
  • 主催者連絡先
    東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会 (担当:清村 悠太)
    info.tokaido53@gmail.com 、 090-7282-0220
  • イベントID
    E0004868

コメントコメント

ログインしてコメントを書く

イベント主催者申込規約

※大会申し込みに際して、参加者は下記の申し込み規約に同意の上、必要事項をご記入ください。
1.自己都合による申し込み後の種目変更、キャンセルはできません。また、過剰入金・重複入金の返金はいたしません。
2.地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等による開催縮小・中止、参加料返金の有無・額、通知方法等については、その都度主催者が判断し、決定します。
3.私は、心疾患・疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをして大会に臨みます。傷病、事故、紛失等に対し、事故の責 において大会に参加します。
4.私は、大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された場合、主催者の競技中止の指示に直ちに従います。また、その他、主催者の安全管理・大会運営上の指示に従います。 私は、大会開催中に傷病が発生した場合、応急手当を受けることに異議ありません。その方法、経過等について、主催者の責任 を問いません。
5.私は、大会開催中の事故、紛失、傷病等に関し、主催者の責任を免除し、障害賠償等の請求を行ないません。 大会開催中の事故・傷病への補償は大会側が加入した保険の範囲内であることを了承します。 私の家族・親族、保護者(参加者が未成年の場合)、本大会への参加を承諾しています。
6.年齢・性別等の虚偽申告、申込者本人以外の出場(代理出走)はいたしません。それらが発覚した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の資格はく奪等、主催者の決定に従います。また、主催者は、虚偽申告・代理出走者に対して救護・返金等一切の責任を負いかねます。
7.大会の映像・写真・記事・記録等(において氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)が新聞・テレビ・雑誌・インターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾します。また、その掲載権・使用権は主催者に属します。
8.大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。 上記の申込規約のほか、主催者が別途定める大会規約に則ります(齟齬がある場合は大会規約が優先します)。

イベント主催者 イベント主催者

3
1

東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会

かつて、旅人は毎日十里の旅路を歩き、およそ二週間で東海道を往来したと言われています。
東海道五十七次ウルトラマラニックは、かつての旅人の道程を辿る旅。毎月第四週末、飛脚(RUN)の部と旅人(WALK)の部で開催、全7回・14ステージで旧東海道を踏破します。
今では僅か二時間余りで移動できる東海道ですが、生涯の中で、私たちの日本が誇る、東海道を自身の足で踏みしめていただきたい。そこには脈々と受け継がれたおもてなしの心と歴史深い情景が残されています。一人では成しえない旅かもしれませんが、マラソンの緊張感とピクニックの楽しさ、そして沢山の仲間がいるから大丈夫。2017年、さあ旅の扉を開きましょう。

この主催者の他のイベントこの主催者の他のイベント

TOP