受付中
ランニング

「第2回箱根100K × 2DAYs」仮エントリーページ

本大会は日本橋から箱根までの往復路およそ214kmを2日間で走破するステージレースです。各参加者は交通法規を遵守すると共に、環境への配慮を最優先する事が求められます。

開催日

開催日

2020/1/4(土) 1/5(日)
申込者/定員

申込者/定員

41/3,000人
チケット

チケット

  • 男性・仮エントリー :
    無料
  • 女性・仮エントリー :
    無料
その他

その他

  • イベント種別
    大会
    イベント規模
    500人~
    レベル
    中級者向け、上級者向け
  • 計測
    チップ計測
    その他の特徴
    参加賞有り、出会い

イベント詳細

【東海道57次ウルトラマラニック特別大会 第2回箱根100K × 2DAYs 大会概要】


本大会は日本橋から箱根までの往復路およそ214kmを2日間で走破するステージレースです。

世界に誇る旧東海道と各宿場町、そして発祥から100年を迎える日本の伝統「駅伝」を広く発信してゆくことを目的としています。

コースは旧東海道と箱根駅伝のルートを踏襲し、街道に残される史跡や各宿場町を通過、中継地点では地域の名産でおもてなしを受けます。

各参加者は交通法規を遵守すると共に、環境への配慮を最優先する事が求められます。


大会名称

第2回箱根100K × 2DAYs


主催

東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会


予定コース

旧東海道および箱根駅伝ルート上の歩道


予定スタート/ゴール

上野公園・駅伝発祥の碑 広場


予定宿泊地

富士箱根ランド


予定開催日程

2020年1月4日(土)〜5日(日)

 

種目

約110km×2日間 ステージレース形式マラニック 

※制限時間は昨年より短縮する予定です。


部門

①飛脚の部(個人) ②駅伝の部 (1チーム2-3名)


必携装備

ヘッドライト、後方照射ライト、携帯電話、マップケース(A3)、雨具、防寒具、1ℓ以上の給水ボトル

 

基本参加資格

①18歳以上の健康な男女 ②交通法規を遵守するもの ③環境に配慮できるもの ④地図が読めるもの ⑤一般公道を利用する長距離競技である事を認識し、自己責任で参加できるもの。

 

飛脚の部(個人)参加資格

基本参加資格を満たしており、下記の申込み基準を理解した上で2019年12月8日(日)までに仮エントリーをおこなったなかでのランキング上位200名までとする。

 
VDOT値算出・申し込みシステム

特別大会「箱根100K × 2DAYs」は、厳寒期に開催する過酷なウルトラマラニック大会のため、本戦への出場は安全にレースをまっとうするために必要な能力を有するランナーを優先する。その基準は、以下の通りである。

①本申込者は、2019年内に参加した「フルマラソン」「100㎞ウルトラマラソン」「24時間走」いずれか1つ以上の完走記録が必要である。(2019年内であれば陸連およびIAU非公認大会で出した記録でも可)

②仮エントリー時に申告された氏名・記録は、大会実行委員長・井上真悟の作成したVDOT換算表に沿ったVDOTランキング付けを大会公式facebookにてひと月毎に発表されるものとする。

[42.195㎞ / 100km / 24時間走 VDOT換算表]

③すでに仮エントリー済であっても期間中に別の大会でよりVDOT値の高い完走記録を出せた場合には、再申告によるランキングアップが可能である。

④本戦出場の決意表明として、2018年以前に保持していた各種目のベスト記録での仮エントリーは可能である。ただし12月8日までに2019年内に完走した記録での再申告ができなかった場合には、本戦出場権は得ることができない。

⑤複数の種目での申告があった場合には、最もVDOT値の優れた種目数値をその仮エントリー者のランキング対象記録とする。なお、ひと月毎に公式facebookにて発表される各エントリー者の氏名およびランキング付けには、申請した種目、記録、大会名は記載されない。

⑥最終的にVDOTランキング上位200位以内に入っている場合でも本戦の申込をおこなわないことは可能である。


駅伝の部(2~3人チーム)参加資格

基本参加資格を満たしており、2019年12月8日(日)までに仮エントリー済のメンバーで編成された2~3名による平均VDOT値が42以上チームは、駅伝の部への参加が可能である。

※申し込みシステム等、詳細は追って公式facebookにて発表する。


大会参加費

①飛脚の部(個人):28,000円
②駅伝の部(チーム):1名につき 24,000円

※本戦への申込方法は2019年10月上旬に発表(仮エントリー費は無料)

 


最少催行人数

60名 

 

定員

飛脚の部(個人)VDOTランキング上位200名まで
駅伝の部(2~3名チーム)平均VDOT42以上のチーム20組


大会事務局
東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会
大阪府高槻市城北町2-11-13 株式会社アディック
info@tokaido57.org
http://www.tokaido57.org/

担当 井上真悟 090-9409-4209
申込受付期間 2019/1/6 20:53 〜 2019/12/8 23:59
キャンセル受付期間 キャンセル不可(主催者応相談)
会場 特設会場
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園
受付開始時間 22:00 ~
URL http://www.tokaido57.org/regulations/2017hakone
年齢制限 18歳以上
スポーツ ランニング (種目:ウルトラ、駅伝・リレー)
イベント種別 大会
イベント規模 500人~
レベル 中級者向け、上級者向け
当日申込 -
計測 チップ計測
その他の特徴 参加賞有り、出会い
主催者 東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会
主催者連絡先 東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会 (担当:井上真悟)
info.tokaido53@gmail.com 、 090-9409-4209
〒569-0071 大阪府高槻市城北町2-11-13-ADICビル2階
イベントID E0018051
プライバシーポリシー 詳細はこちら

大きな地図で見る

  • サヌガ ヨシクニ
    フレンドリー(5日前)

    すみません。
    エイドはありますか?

イベント主催者申込規約

※大会申し込みに際して、参加者は下記の申し込み規約に同意の上、必要事項をご記入ください。
1.自己都合による申し込み後の種目変更、キャンセルはできません。また、過剰入金・重複入金の返金はいたしません。
2.地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等による開催縮小・中止、参加料返金の有無・額、通知方法等については、その都度主催者が判断し、決定します。
3.私は、心疾患・疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをして大会に臨みます。傷病、事故、紛失等に対し、事故の責 において大会に参加します。
4.私は、大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された場合、主催者の競技中止の指示に直ちに従います。また、その他、主催者の安全管理・大会運営上の指示に従います。 私は、大会開催中に傷病が発生した場合、応急手当を受けることに異議ありません。その方法、経過等について、主催者の責任 を問いません。
5.私は、大会開催中の事故、紛失、傷病等に関し、主催者の責任を免除し、障害賠償等の請求を行ないません。 大会開催中の事故・傷病への補償は大会側が加入した保険の範囲内であることを了承します。 私の家族・親族、保護者(参加者が未成年の場合)、本大会への参加を承諾しています。
6.年齢・性別等の虚偽申告、申込者本人以外の出場(代理出走)はいたしません。それらが発覚した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の資格はく奪等、主催者の決定に従います。また、主催者は、虚偽申告・代理出走者に対して救護・返金等一切の責任を負いかねます。
7.大会の映像・写真・記事・記録等(において氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)が新聞・テレビ・雑誌・インターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾します。また、その掲載権・使用権は主催者に属します。
8.大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。 上記の申込規約のほか、主催者が別途定める大会規約に則ります(齟齬がある場合は大会規約が優先します)。

イベント主催者

東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会

東海道五十七次ウルトラマラニックとは?

東京日本橋から京都三条大橋まで、日本の2000年の歴史ある街道『東海道』を550km走破する大会です。

東京日本橋から京都三条大橋まで、日本の2000年の歴史ある街道『東海道』を550km走破する大会です。
2014年、2015年と東海道各地の宿場に、ご支援・ご協力いただき、「東海道をもっと盛り上げて欲しい」との声を受け、2016年より東海道五十七次ウルトラマラニックとしてさらなる飛躍を遂げます。
京都から大阪までを追加した、この形が本来の東海道なのです。

東海道五十七次ウルトラマラニックとは?

東京日本橋から京都三条大橋まで、日本の2000年の歴史ある街道『東海道』を550km走破する大会です。

東京日本橋から京都三条大橋まで、日本の2000年の歴史ある街道『東海道』を550km走破する大会です。
2014年、2015年と東海道各地の宿場に、ご支援・ご協力いただき、「東海道をもっと盛り上げて欲しい」との声を受け、2016年より東海道五十七次ウルトラマラニックとしてさらなる飛躍を遂げます。
京都から大阪までを追加した、この形が本来の東海道なのです。

評価
40
評価
3

この主催者の他のイベント

2018/1/5(金)

受付終了

東京都(台東区)

東海道57次ウルトラマランニック特別大会「箱根100㎞ × 2DAYs」

本大会は日本橋から箱根までの往復路およそ214kmを2日間で走破するステージレースです。各参加者は交通法規を遵守すると共...

2018/1/6(土)

受付終了

神奈川県(小田原市)

東海道57次ウルトラマラニック特別大会「箱根100㎞ × 2DAYs・伴走の部」

本大会は日本橋から箱根までの往復路およそ214kmを2日間で走破するステージレースです。「伴走の部」参加者は、本大会へ個...

2017/11/25(土)

受付終了

京都府(京都市東山区)

東海道五十七次ウルトラマラニック2017 STAGE13-14

東海道五十七次ウルトラマラニックは、かつての旅人の道程を辿る旅。毎月第四週末、飛脚(RUN)の部と旅人(WALK)の部で...

もっと見る

違反報告